HOME | 羽子板 | 羽子板の完成まで

HOME > 羽子板 > 羽子板の完成まで  

羽子板の完成まで

すべての行程を手作りで仕上げて行くところを、写真に収めました。板を削り上げる作業は、暑くならない春先に始め、夏までには金箔仕上げを済ませておき、年末から正月にかけて注文を直ぐに受けられるようにストックしておきます。つまり、ご注文の電話やメールを受けるときには、5番の金箔仕上げまで終えていますので、完成までは1〜2週間で可能です。

 
1枚の桐の板をジグソーで羽子板の形に切り抜いています。

1,1枚の桐の板をジグソーで羽子板の形に切り抜いています。

2,これをヤスリやグラインダーで柔らかいカーブになるように削ります。

2,これをヤスリやグラインダーで柔らかいカーブになるように削ります。

3,綺麗なカーブに仕上がった板に、下地を数回乾燥したら塗ります。

3,綺麗なカーブに仕上がった板に、下地を数回乾燥したら塗ります。

4,砥の粉と胡粉を調整しながら凹凸を付けます

4,砥の粉と胡粉を調整しながら凹凸を付けます。一番苦労するところです。

5,羽子板の表面に金箔仕上げが出来上がりました。

5,羽子板の表面に金箔仕上げが出来上がりました。

6,この金箔仕上げの上に、手描きで下絵を描き、段々と色を付けて行きます。

6,この金箔仕上げの上に、手描きで下絵を描き、段々と色を付けて行きます。

7、完成した羽子板です。金地を活かした仕上げにしています。

7、完成した羽子板です。金地を活かした仕上げにしています。

8,羽子板の柄に、丹後ちりめんの布を巻いて完成です。

8,羽子板の柄に、丹後ちりめんの布を巻いて完成です。

  • みかわ工房の羽子板制作見本です。

    羽子板全見本


  • みかわ工房の羽子板の特徴と、由来について

    羽子板の由来

  • みかわ工房の手描き彩色の羽子板の色居合いについて

    色合いについて

  • みかわ工房の羽子板が完成するまでをまとめて見ました。

    完成まで


  • 羽子板を作って見よう。という企画です

    羽子板を作ろう