雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。
HOME | 案内 | メディア | 和楽
 

お雛様が紹介されています。

 雑誌「和楽」で「なつめ雛」が二度紹介。

雑誌の「grazia」の中で、料理研究家の有元葉子さんが、娘さんにプレゼントしてあげたみかわ工房の【小さき物の世界】が紹介されました。

2012.3.1「和楽」(小学館)みかわ工房のなつめの雛を紹介


 

棗雛 藤原了児・大分県に工房を構え、雛人形を中心に創作を続ける作家。高さ8cmのケヤキ材の棗には、胡粉と金箔、顔料などで描かれた内裏雛が。その中から,小さい焼き物のお内裏様とお雛様が現れる。高さは男雛が5,5cm、女雛が4cm 棗と雛の¥41,000円

棗雛 藤原了児・大分県に工房を構え、雛人形を中心に創作を続ける作家。高さ8cmのケヤキ材の棗には、胡粉と金箔、顔料などで描かれた内裏雛が。その中から,小さい焼き物のお内裏様とお雛様が現れる。高さは男雛が5,5cm、女雛が4cm 棗と雛の¥41,000円


 
 

 
雑誌「和楽」三月号にみかわ工房の「なつめ雛」が紹介されています。

雑誌「和楽」三月号にみかわ工房の「なつめ雛」が紹介されています。


 

雑誌「和楽」三月号にみかわ工房の「なつめ雛」が紹介されています。 20年ほど前に大分県に工房を持ち、雛人形を中心に創作を続ける作家のもの。ケヤキ材のなつめを開けると小さな焼き物の内裏雛が現れる。男雛が5,5cm女雛が4cmほどだが存在感は十分。モダンなインテリアの中では、シックな古袱紗と置き合わせたい。

雑誌「和楽」三月号にみかわ工房の「なつめ雛」が紹介されています。
20年ほど前に大分県に工房を持ち、雛人形を中心に創作を続ける作家のもの。ケヤキ材のなつめを開けると小さな焼き物の内裏雛が現れる。男雛が5,5cm女雛が4cmほどだが存在感は十分。モダンなインテリアの中では、シックな古袱紗と置き合わせたい。