「みかわ工房」のトップ画面に行く、タグ

  • HOME
  • >
  • お雛様の雛飾り

雛人形の「雛飾り」

みかわ工房の雛飾りは、雛人形を工房内で作る際に、付属するぼんぼりや屏風などは初めは専門業者さんから取り寄せていましたが、大きさのバランスが合わなかったり、色調や表現方法がどうしても納得行かないものがあり、次第に自分の工房で作ることが多くなり、こうして定番化して販売することになりました。それぞれの写真をクリックしていただければ、詳しい写真が出てきてカートに行く事ができます。
 

 菱餅・橘セット

みかわ工房のお雛様は、コンパクトを目指していますが、小さい小物はどうしても欲しくなります。この菱餅と、桜橘のセットも魅力の一つです。価格は菱餅二個+桜と橘です。

貝桶セット

これは、「貝桶・かいおけ」と言って、昔「貝合わせ」をする際に、この桶に入れておいて、そこから1枚1枚の貝を出しながら、組み合わせの合う貝合わせをしていったそうです。現在は「象徴としての飾り」となっています。大中小とあり、全て木製です。

几帳

几帳は、「寛永の華」を作り上げる上でみかわ工房がどうしても作りたかった調度の一つで、複雑な行程を歴て作り上げている物で、染色家の清家さんの苦心作です。演出の仕方としては、お雛様の周りや、背後においてあげたら、雅な演出が出来ます。3種類ありますが、どの几帳も凝っています。台座と布の部分に分かれています。(こま犬は付きません)大きさは22×29cmです。(箱入り)

貝合わせ(大中小)

貝合わせは、江戸の昔から連れ添う二人の幸せを願って、娘に持たせたのだそうです。互いの貝がほかの貝とは交わらないことが縁結びの願いに用いられたのでしょう。上から1組2枚の価格は、大きさによって違ってきます。もちろん小さくなれば描写も省略させて頂きます。

こま犬(大中小)

こま犬は、もともと犬さんが多くの子供を産むことや、出産の際にも安産なことから、女性の出産のおまじないとして、人気がありました。1対2組が基本です。奥から7cm、5cm、4cmとあります。

貝合わせ(特小)

貝合わせ(特小)2組4枚 みかわ工房で制作できる最小の貝合わせです。さすがにこの大きさになると「ハマグリ」では、出来ませんので地物の「シジミ」を使って金地と白地に仕上げて、この上に季節の花を手描き彩色しています。どの様なお雛様に飾っても可愛らしさを感じます。

ぼんぼり

これはみかわ工房で制作しているものではありませんが、昔からみかわ工房のお雛様と組み合わせている「ぼんぼり」です。白い布地に一つ一つ手描きで花を描いています。源氏シリーズのお雛様に合わせてマッチします。

油灯(中)

これは「油灯」といって、さらに油を入れて風で炎が揺らがないように和紙で覆っていた物です。みかわ工房で全てを手作りしました。高さ10cm程度。手作りぼんぼり1組(中)

油灯(小)

手作りぼんぼり1組(小)

ぼんぼり(特小)

これは、「ぼんぼり」を小さくしてカジュアルに仕上げています。高さも4cmです。手作りぼんぼり1組(特小)

人形台

人形用の台です。20cm×15cmですから、様々なお雛様に対応できると思います。(木製黒塗り仕上げ)

屏風

この屏風は、みかわ工房の制作ではありませんが、「源氏シリーズ」の「横笛」「野路」くらいの大きさの雛人形にマッチします。

桐箱

この桐箱は、みかわ工房の寛永雛や【小さき物の世界】などを入れる為に、木工所に徳辺申し込みを受け付けましたので名簿をご覧下さい。ti-to-に作ってもらっています。