HOME > 雛飾り > 貝合わせ(大、中、小) 

みかわ工房/雛飾り/貝合わせ

貝合わせは、上から1組2枚の価格は、大きさによって違ってきます。もちろん小さくなれば描写も省略させて頂きます。

貝合わせは、江戸の昔から連れ添う二人の幸せを願って娘に持たせたのだそうです。互いの貝が他の貝とは交わらないことが縁結びの願いに用いられたのでしょう。1組2枚の価格は、大きさによって違ってきます。(もちろん小さくなれば描写も少し省略させて頂きます。)

貝合わせの大きさは、写真板番上の貝合わせが12cm幅、中が7〜9cm、1番下が、2〜3cmになります。

小さいながら天然のハマグリに下地を作り、金箔仕上げの上に源氏物語やご依頼のあった花などを手描き彩色します。2〜3組を組み合わせてお雛様の周りに散りばめるのも素敵ですね。

天然のハマグリに手描き彩色で、源氏物語絵巻や季節の花びらをご注文に従って彩色します。平安時代の宮中で行われた貝合わせの遊びは、このくらいのサイズで遊ばれていたようです。

購入します。タグ

大きさがやや小さくなり、幅が3〜5cmになります。なるべく細かいところまでを表現できるようにしています。

小さいながら天然のハマグリに下地を作り、金箔仕上げの上に源氏物語やご依頼のあった花などを手描き彩色します。2〜3組を組み合わせてお雛様の周りに散りばめるのも素敵ですね。

購入します。タグ

みかわ工房で作る貝合わせの中では、一番小さい貝合わせで、シジミを使って内側は他の貝合わせと同じように、下地処理して金箔仕上げや白地仕上げをしています。

 みかわ工房で作る貝合わせの中では、一番小さい貝合わせで、シジミを使って内側は他の貝合わせと同じように、下地処理して金箔仕上げや白地仕上げをしています。

購入します。タグ