雛人形を作る「みかわ工房」のトップタイトル画面

HOME | 寛永雛 | 屏風

寛永雛(かんえいひな)

 

屏風について

寛永雛セットに使っている雛道具は、ほとんどが工房にて手作りした物ですが、その代表とも呼べるのがこの屏風です。屏風の素地は厚いボール紙で、この表面には京都から取り寄せた金紙を1枚1枚張り、この上から私が手描きで松竹梅の絵柄を描いています。 絵が完成したら、裏地に紙を張り、縁にも緞子と言って細かい織りの入った布を張ります。この緞子(どんす)は、京都の緞子専門店「伴戸商店」より取り寄せたものです。
 
 
完成した屏風の絵です。

完成した屏風の絵です。


 
この屏風のまわり縁に緞子を着けて行きます。細かい手作業です。

この屏風のまわり縁に緞子を着けて行きます。細かい手作業です。


 
この縁は京都の「伴戸商店」より取り寄せた特注品です。

この縁は京都の「伴戸商店」より取り寄せた特注品です。


 
完成した屏風と縁の緞子です。一枚一枚手作業で屏風の周りに縁を貼ってゆきます。

完成した屏風と縁の緞子です。一枚一枚手作業で屏風の周りに縁を貼ってゆきます。


 
完成した屏風に縁を付け終わったところです。

完成した屏風に縁を付け終わったところです。