「みかわ工房」のトップ画面に行く、タグ

 

雛人形セット「寛永雛」  屏風について

寛永雛の屏風もそれなりに特徴があります。まず、下の写真でもお分かりのように、屏風の生命である縁は、京都の金襴緞子のお店にオーダーして作ってもらったものを使用しております。もちろん金地の上に描いた松や紅梅は、みかわ工房の藤原了児が手描きしたもので、1枚1枚を描いた後に縁を付けています。

寛永雛の屏風もそれなりに特徴があります。まず、下の写真でもお分かりのように、屏風の生命である縁は、京都の金襴緞子のお店にオーダーして作ってもらったものを使用しております。もちろん金地の上に描いた松や紅梅は、みかわ工房の藤原了児が手描きしたもので、1枚1枚を描いた後に縁を付けています。

寛永雛の屏風もそれなりに特徴があります。まず、下の写真でもお分かりのように、屏風の生命である縁は、京都の金襴緞子のお店にオーダーして作ってもらったものを使用しております。もちろん金地の上に描いた松や紅梅は、みかわ工房の藤原了児が手描きしたもので、1枚1枚を描いた後に縁を付けています。


 

「松に紅梅図」厚い紙の上に金地を張り、その上に新緑の松と、赤と白の紅梅図を画面いっぱいに手描き彩色しました。縁の鳳凰文様も京都から取り寄せた緞子生地を使っています。大きさは10.5×35.5cmです。

「松に紅梅図」厚い紙の上に金地を張り、その上に新緑の松と、赤と白の紅梅図を画面いっぱいに手描き彩色しました。縁の鳳凰文様も京都から取り寄せた緞子生地を使っています。大きさは10.5×35.5cmです。