雛人形セット「寛永の華」のお顔

寛永雛のお雛様の顔は、「寛永雛の由来」にも述べてますように、面長のふっくらとした顔の表情を大事にして、衣装も膨らみを持たせることを大事にしました。かといってお雛様が古くさくならないように衣装の色彩など要所に、金沢の金箔を使うなどしてあでやかさを出すようにしました。
桧扇を持った女雛は、お顔立ちがふっくらとして、小さめの口をしています。

桧扇を持った女雛は、お顔立ちがふっくらとして、小さめの口をしています。
 
女雛は、袖を広げ綿入れの袴を丸く膨らませているのが特徴です。高さ6cm

女雛は、袖を広げ綿入れの袴を丸く膨らませているのが特徴です。高さ6cmです。
 
男雛は束帯姿で面長な顔をしたのが特徴です。高さ8cm

 男雛は束帯姿で面長な顔をしたのが特徴です。高さ8cmです。
 
女雛に比べて、男雛は緑を基調とした色にして、赤系の敷布と対比するようにしています。

女雛に比べて、男雛は緑を基調とした色にして、赤系の敷布と対比するようにしています。
 
中央にたつ官女は、金箔仕上げの三方を持っています。高さ6.5cm

三人官女の拡大写真です。大きさは6,5cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています。
 
「寛永の華」の三人官女で、中央に位置する三方を持った官女です。

中央にたつ官女は、金箔仕上げの三方を持っています。高さ5cm
 
五人囃子は、5人すべての衣装を違えています。こうすることで雛壇に変化と動きを与えます。1番左は、歌を歌う囃子です

五人囃子は、5人すべての衣装を違えています。こうすることで雛壇に変化と動きを与えます。1番左は、歌を歌う囃子です。烏帽子と扇子は、金箔仕上げです。
 
二番目は、横笛を持ち歌い手の横でメロディーを奏でます。

二番目は、横笛を持ち歌い手の横でメロディーを奏でます。烏帽子と笛は金箔仕上げです。
 
三番目は、小鼓を持った囃子でやや中腰で鼓をたたいています。

三番目は、小鼓を持った囃子でやや中腰で鼓をたたいています。烏帽子は金箔仕上げです。
 
四番目は、大鼓でひざの上に鼓を持ち演奏しています。

四番目は、大鼓でひざの上に鼓を持ち演奏しています。烏帽子は金箔仕上げです。
 
五番目は、太鼓で座ってリズムをとっています。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、右に行くほど大きい音になっています。 

五番目は、太鼓で座ってリズムをとっています。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、右に行くほど大きい音になっています。烏帽子は金箔仕上げです。