明治、大正、昭和の雛道具

少しずつ私の元に雛道具が集まってきました。箱を開けて手にとり、小さくていとおしいような蒔絵の箪笥。しっとり塗られた黒い漆の輝きや、精巧に作られた金具を絹布で磨いていると、その隣に新しいお雛様が見えてくるような気がしてきます。
20101209_1684539
明治の長持ち幅、12cm
20101209_1684538
昭和初期の美しい引き出しと開きダンスと高さ11cm
20101209_1684537
大正初期に作られた蒔絵ダンス。高さ15cm
明日は布の清家文香さんが工房に来るので、この家具を見せて布を相談してみようと思います。お楽しみに

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL