春のかおり

みかわ工房の小さい貝合わせ下地
これは、来年度の「紫式部日記」に使う貝合わせです。白地に仕上げた貝合わせに金箔を2日がかりで張りました。
このセットの貝合わせは、これまで草花を描いていましたが、今度は紫式部日記の物語を描いてみるつもりです。
金箔貼りを終えて、庭の草木を片づけていたら、土の中から頭を出した「ウドの芽」を発見。10本ほど採って妻に渡しました。今夜はウドの天ぷらをつまみにビールを飲めると思うと、仕事が弾みます。
20101209_1684783

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL