江戸の小箱を発見

とっても綺麗な小箱を手に入れました。
江戸の中期から末期にかけて作られた梨地(梨の表面のようにざらざらしている)の蒔絵小箱です。私もこんなに綺麗な仕上げの小箱は初めてです。おそらく地方の大名家あたりから出たものではないかと思います。
20101209_1685467
この箱を、染色の清家文香さんのもとへ置いておいたら、丹後ちりめんを紫色に染めて、袋を作りました。
小箱の持つ美しさを最大限に出せたと思っています。
みかわ工房の江戸の小箱を使ったお雛様セット【雛・小さきものの世界】です。

すべての雛人形をこの小箱に収めて、1つ1つ出していって雛祭りをする様子を動画にしました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL