「紫式部日記」の赤

ようやく雛人形セット「寛永雛」の布やお雛様の撮影が終わって、次の雛人形セット「紫式部日記」の撮影に移っています。
ここに撮影した赤い布は、染色の清家文香さんが丹後ちりめんに花びらを型染めし、その花の部分を残して深い赤に染めています。
「紫式部日記」の赤い布です。丹後ちりめんに型染めで仕上げています。
もう一枚の薄いピンクの布は、清家さんが、今制作中で今月中旬には完成予定です。
手作りが故に良いものが出来てきますが、手作りが故に時間もかかります。10月に入って九州も秋の気配が漂ってきて、今朝の散歩の際にもこの秋初めてのドングリを2つ見つけました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL