貝合わせ、羽子板制作のリラックスタイム

現在、工房は個展のための貝合わせの制作と、新に注文依頼を受けた羽子板や貝合わせが所狭しと並んでいます。
20110117_2021735
工房の中は、暖房していますからさほど寒くありませんが、それでも足下が冷えてきます。時折後ろに回って、パソコンでメールを確認したりしながら気分をリラクスさせるようにしています。
それでも目がぼんやりする時などは、いっそ庭にたまった落ち葉などを焼いていると、いつの間にかそっちの方に入り込んでしまって、体中が煙くさくなってしまったりします。
貝合わせや羽子板なども下絵を描く頃が1番大変で、色を入れて色彩的に上手くバランスが取れてきたりすると、ちょっとだけ気分が良くなります。
ときたま、インターネットなどを見ていると「自分で貝合わせを作ってみたい」という方のブログを見たりします。その場合は、私のように貝の内側に金箔を直接張る事は難しすぎるので、画材屋に売っている金粉(本物の金箔ではありません)を買ってきて、この上にアクリル絵の具などで描けば、それなりになると思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ← 左のバナーを1回クリックいただくと、私のブログの順位に反映しますのでよろしく御願いします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL