昭和のアンティーク家具

最近、また新しいアンティーク家具が手に入りました。大きさは幅12cm、高さが12cmくらいの小さいもので、昭和のはじめにひな祭りの道具として作られたものの1つでしょう。
20121209_262304
蓋を開けると、黒い漆の上に鶴や松の金蒔絵が描かれています。お雛様はこの雛道具と離れたものの、道具だけは一人歩きして私の手元にたどり着きました。
20121209_262305
私は、この雛道具たちを、再び新しくよみがえらせて新しい形のお雛様に作り上げてあげようと思います。そのために一度水洗いし、金具の欠損が無いかを確認して、剥がれ落ちがある場合は、塗りなおして現代のお雛様にマッチするものにリメイクします。
さあ、どんなお雛様になるでしょうか

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL