季節の花を貝合わせの小箱に描きました。

最近東北の方から、「2組の孫に贈る貝合わせセットを作ってほしい」という依頼がありました。御祖母様は自分でも江戸の小箱が気にいられたようで、1つは江戸の文箱に入れた10枚の貝合わせを、2人の姉妹に贈られ、箱の内側にお二人の名前を書いて贈る事にしています。
20130314_435585

5組10枚の貝合わせです。

20130314_435586
貝合わせの大きさが6~7cmですから、丁度良い小箱になります。
20130314_435587
金地の貝に、源氏物語の幾つかを描いています。

もう一つの箱は、桐箱に少しだけ組み合わせが違った貝合わせを、5組10枚入れて贈ります。お子様の誕生日が5月でしたので、5月の花を桐箱の扇に入れてみました。

20130314_435588
お子様が生まれた5月の花「ヤマボウシ」「黄色菖蒲」「カキツバタ」「釣鐘草」を扇の中に描いています。
20130314_435589
箱の中は、5つの仕切りを入れて動きにくいようにしています。
20130314_435590
今回の「貝合わせセット」を作って思ったことは、季節の花や、誕生花などをアレンジして小箱を演出するのもいい感じだな。と思った次第です。
20130314_435716
貝合わせのセットをご要望の際は、問い合わせのコーナーにご自分の思いを描いてメールください。できるだけご希望に添うようにしたいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL