「紫式部日記」となつめ雛

みかわ工房には、貝合わせや羽子板の柄を描く工房と、雛人形を作る工房の2つがあります。今日は、朝からもう一つの工房に入って、「紫式部日記」の女雛、男雛、三人官女をまとめて作っています。今回は、男雛と女雛の色合いを少し変えてみました。やや華やかになったかなと思います。

みかわ工房の「紫式部日記」人形

その脇では、寛永雛の屏風が残り少なくなってきたので、金地の紙に直接「松、竹、梅」と「四季の山草図」を描いています。
みかわ工房の屏風制作風景
そしてまた、一方ではなつめ雛の衣装も少しだけ色つけをやったりしています。
みかわ工房のなつめ雛
お待ちの皆様、もうしばらくお待ち下さい

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL