絵付けについて

みかわ工房の全体風景です。撮影した季節は冬で、今の時期と今の時期と変わりません。この写真手前の茶色い壁の建物が、羽子板や貝合わせ、【小さき物の世界】などの作品を作っている工房です。入り口にキツツキの彫刻があるので「キツツキの部屋」と読んでいます。

20101209_1684456

これが工房の中です。広さは6畳ほどで天井にガラス窓を付けて、1日中明るいようにしています。

20101209_1697647

そして、これが羽子板や貝合わせなどに使っている絵の具類です。

20101209_1684437

それからこれが筆で、大きめの平筆から1mmにも満たない面相筆が有ります。
20101209_1684566
時には、こうして乳鉢で白い粉(胡粉)をよくつぶして貝合わせの表面に塗ったりします。
これは、それらの絵の具で実際に羽子板を制作しているところです。
20101209_1684666
これも同様で、「紫式部日記」などのシーンを手描き彩色しているところです。
現在も、羽子板、貝合わせ、棗と少しづつ完成目指して進めております。
お待ち頂いている方、もう少しお待ち下さい。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL