新年の仕事始めは、貝合わせの制作と五人囃子の修理です。

新年になって、九州は天候が晴れたり曇ったりの不安定な天気で、雪こそありませんが寒かったり暑かったりの日々が続いています。そんな中、工房では貝合わせやお雛様作りの日々は続いています。

下の貝合わせはお子様のひな祭りに注文いただいた源氏物語絵巻「少女」です。

依頼を受けて制作中の源氏物語絵巻貝合わせ

もう一つの写真は、私が以前お届けした「寛永雛」の五人囃子の修理です。

みかわ工房で修理中の五人囃子です。

みかわ工房のお雛様は、大きくても30cm前後と小さく、子供様が自分で雛壇を組み立てたり、内裏雛、三人官女を雛段においていく作業を進んでやってほしいと思っています。その際に時には落ちて壊れたり、お顔が汚れたりすることもあろうかと思いますが、それこそが真の「ひな祭り」ではなかろうかと思っています。そこで落ちて壊れたり、汚れたりしたものはみかわ工房が進んで修理交換をいたしますので、どうぞ子供さんにひな祭りに参加させてあげて下さい。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL