自作の雛飾りと、みかわ工房の雛人形でなんだか楽しひな祭り。

先日「以前源氏シリーズのお雛様とお内裏様、小物などを買わせて頂いた者です。

追加でひな壇を買わせて頂きたいと思うのですが、源氏シリーズの場合どれを選べばいいのかわかりません。

寛永雛のひな壇は、源氏シリーズにあうのでしょうか?

またそちらは単品での販売はしておりますでしょうか?」と言ったお問い合わせがありました。みかわ工房の源氏シリーズにも種類がありますので「良かったらお持ちの雛人形の写真を送って下さい」と返信して、届いた写真が下の写真です。

お子さんがやや大きくなって作った、はり絵やお道具が楽しそうに並んでいます。苦労された様子がうかがえます。

そこで、このままの方が雰囲気がありますから、雛壇は必要ありません。あえて申し上げれば三人官女さんをチョット高い台に乗せてあげれば雰囲気が立体的になるような気がします。と申し上げました。

自分で道具を揃えられたお客様の雛祭りの写真。

返信のメールには「娘はお雛様が大好きで、毎年ワクワクしながら包みをあけて、飾っています。一生ものの素敵な作品をありがとうございます。」とのことでした。

いい雛祭りが出来ますことをお祈りしております。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL