手書きの「貝合わせ」4組が完成しました。

写真でもおわかりのように下の写真は、源氏物語絵巻の「花宴」のシーンを手描きしています。それも4組。

これは、先月から貝合わせや羽子板を幾つか注文をお受けしている方から、今回は同じものを4枚描いてほしい。というご依頼に基づいています。

同じ依頼者からと注文があった源氏物語絵巻「花宴」のシーンです。

依頼された方は、「なるべくホームページに掲載している見本の貝合わせに合わせてほしい」というご依頼でしたので、そのようにしました。

と言っても、貝合わせには上下に雲形文様や菊の小花を型押ししていますから、その面積とのバランスにおいて、一つ一つの貝合わせは、描くバランスが違ってきます。また、雄貝、雌貝の色のバランスも考慮して描かなくては美しいものになりません。

ここ2〜3日はそのようなことを考えながら、工房で1日を過ごす日々が続きました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL