江戸の小箱から、ミニュチュアサイズのお雛様を取り出して、小さいな雛祭り

「江戸の小箱から、小さいなお雛様を出して遊んだら楽しそう」というイメージで雛人形セットを作ってみました。したがそのイメージ動画です。

小箱の大きさが14cm×9cm高さが9cmで、この中に入っている雛人形や狛犬、貝合わせなどはいずれも2〜3cmほどの小さな物です。工房ですべてを手描き彩色しています。
江戸の小箱から雛人形を出してみたところです。

すべての道具をこの小箱に入れる事は出来ませんから、桐箱に納めます。

小さな三段飾りのお雛様です。

これが、小箱以外の三段飾り、書棚、貝桶、雛壇などです。全体の幅が横50cm。奥行き18cm、高さ12cmになります。

すべての雛人形と道具を並べてみたところです。幅が50cm奥行き20cmです。

少し痛んではいますが、古い物です。大きさは12cm×15cm×6cmです。

書棚です。手にとってみるとその大きさがわかると思います。

みかわ工房の小さき物の世界で詳しい説明がございます。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL