江戸の小箱から、ミニュチュアサイズのお雛様。

2つの小箱を用意し、この小箱からお雛様や貝合わせを取り出して「雛祭り」をするイメージでセットを作り上げました。2枚の布を並べたときの大きさが45cmで、奥行き30cm、高さが20cmほどになります。

江戸小箱と三段飾りのお雛様

お内裏様は、高さが5〜6cmほどで、檜扇や烏帽子は金箔仕上げにしています。

高さが5〜6cmほどのお内裏様です。

 

美しい江戸小箱の拡大写真です。大きさは10cm×15cm×10cmとバランスの良い大きさになっています。

蔦文様が美しい江戸の小箱です。

 

小箱の内側には、すっぽり入る縮緬の袋を付けて、お雛様を入れる際に雛人形が傷まない様にしています。

小箱の内側に雛人形が痛まない様に布の袋を付けています。

このシリーズの詳しい内容は、ホームページをご覧下さい。購入も出来ます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL