下地の続き

羽子板も最終段階まで来ました。
前回の下地を磨いたりして表面をつるつるにしたら、今度は貝の粉(胡粉)を含んだ塗料を羽子板の裏表に丁寧に塗ります。
この作業は絵の具のやわらかさや塗るスピードなど、以上にデリケート作業になります。
20121214_271520

これは、その際に撮ってみた動画です。

この作業の後には、さらに細かい目のペーパーで磨いて、金箔を張る作業に移ります。
完成した羽子板の絵を見ていると、こうした下作業は見えてきませんが、こうした作業をして表面をつるつるにしていないと、金箔も貼れないし、最終的にこの上から絵を描くこともできません。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL