【小さき物の世界】いよいよ開始しました。

【小さき物の世界】とは、みかわ工房が10年ほど前から制作を開始した、小さいアンティークの雛道具と 、それに合わせた雛人形、雛道具の組み合わせのことを総称して【小さき物の世界】と呼んで、毎年20~30組の雛人形セットを公開、販売しています。

発売を開始した当初は、まだ理解してきただく方も少なかったのですが、年を重ねるごとに購入者も増えてきました。みかわ工房の【小さき物の世界】最初の頃はこうして、道具の上に置いていました。
これが、【小さき物の世界】を開発した当初のシリーズで、下のような台が無く、最初は引き出しや長持ちの台などを使って雛壇をつくり、その上にお雛様を載せていましたが、ギャラリーの方から、台が別にあった方がいいですよ。というご提案を頂き、
みかわ工房の雛人形の台、この上に雛人形セットを乗せます。
こうした台を別途作って、アンティークの雛道具は横に並べてあげるようにしました。
最近のみかわ工房の【小さき物の世界】は、雛人形を載せる台を別につくり、雛道具が見えるようにしています。
最近は、その年に発表した【小さき物の世界】は、お子様の初節句や、成人された女性の方が「自分の為の雛人形」と言うことで、お買い上げ頂くようになりました。
現在、工房の撮影台に2つの【小さき物の世界】が並んでいます。染色家の清家文香さんが布を作り上げて、雛道具、雛人形も揃いました。みかわ工房の工房の撮影台にのっている、未発表の作品です。
これから、順次完成した【小さき物の世界】を発表してゆきたいと思います。お楽しみに

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL