正月の羽子板つくり

庭に蚊も出なくなって程よい涼しさになってきました。今日は朝から今年の正月用の羽子板作りです。
P1050351.JPG
羽子板と言っても、羽子板がすぐに出来る訳ではありません。上の写真のように最初は桐の板を切り抜いたものが、福岡の木工所から届きます。これをナイフやサンダーで丁寧に磨いていって羽子板の生地が出来上がります。
P1050354.JPG

こうして生地が出来上がると、その上に金沢の緊迫を表面に張り「絵を描く下地」が完成します。そして、お客様から注文があると完成した金箔下地の上に絵を描いてゆくことになります。
JUGEMテーマ:妊娠・出産・育児準備

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL