明治のアンティーク箪笥と小さいお雛様を、赤い縮緬にのせた雛飾りセット

しばらく休んでいたお雛様作りの開始です。この雛人形セットは、以前違うかたちで出していましたが、新しく組み替えて箪笥と、長持ち、小箱の雛道具とお雛様を組み合わせました。

明治のアンティーク箪笥と小さいお雛様を、赤い縮緬にのせた雛飾りセットです。

写真でもお分かりのように、雛道具は大きめ(20cm、9cm、21cm)で、長持ち(10cm、21cm、11cm)を下の段飾りと一緒に並べると80cm余りの豪華なお雛様セットになります。これだったら、マンションの中に和室があったりすれば十分に飾ることが可能です。

これが内裏雛の三段飾りです。大きさは横28cm×奥行き33cm、高さ22cmですからこれだけでも飾ることが可能です。

三段飾りの全体写真です。大きさは横28cm×奥行き33cm、高さ22cmで、コンパクトサイズのお雛様です。

 

蒔絵の箪笥です。描かれている絵は春に咲くボタンとつた文様で構成されています。ボタンの花は、金地で盛り上げされ古く感じません。

明治の蒔絵ダンスでアンティーク雛道具です

 

同じ蒔絵の長持ちです。仕上がりも保存も問題ありません。

長持ちも、明治のアンティーク雛道具です。雛飾りを入れるのに最適です。

このお雛様シリーズは、小さき物の世界11番としてホームページに登録しました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL