小箱の中から雛祭り

明治期の小箱が出てきたので、この小箱に合わせてひな人形や貝合わせ、こま犬を揃えて小さいひな人形セットを作ってみました。イメージとしてはこの小箱に小さなお雛様を入れておいて、お子様が自身で飾り付けができたらいいと思っていま […]

小さいお雛様セットが完成しました。

来春の雛祭りの為のお雛様セット「小さき物の世界」が少しずつ出来上がっています。下の写真は、雛道具と手のひらサイズの雛人形を組合わせたもので、全体の幅が40cm、奥行き17cm、高さが15cmのコンパクトサイズです。 &n […]

兜に童の5月人形です。

もう一つ5月人形を作りました。 童に金箔仕上げの兜を組合わせいます。 桐箱の上に置いたときの大きさが横17cm 高さ17cm、奥行き15cm程度ですから狭い玄関や本棚の隅にも余裕で置くことが可能になりました 桐箱は11× […]

新しい5月人形です。

前回作りました「5月人形」に少し改良を加えました。特徴は男の子が金の兜(金箔仕上げ)を持ち、女の子が短い刀(小刀)を持っています。 人形の大きさは、男の子が5〜6cmで、女の子が5cmと小さくしていますから、玄関先や本棚 […]

伊勢物語の貝合わせ

伊勢物語の貝合わせが完成しました。

「伊勢物語」は、平安時代に歌人在原業平が、短編の文章として書いたものに、時々の画家が物語の一部を描いていますが、なかなか保存のいいものが伝わっていないようです。   私は、高校時代に古文で「筒井つの井筒にかけし […]

花の万葉集、貝合わせセットを制作中です。

この春に制作にかかっていた花づくしの貝桶に、入れる貝合わせを思案中でしたが、ようやく貝合わせが決まりました。   貝合わせの題材は「花の万葉集」になりました。万葉集の中で歌われた春、夏、秋、冬の花を取りあげて金 […]

小さい江戸の小箱が出てきました。

最近私のもとに届いた江戸後期の小箱セットです。 1つ1つが10cmにも満たない大きさの物で、木を削って漆を塗り、金具を細工したとは思えないほどの精巧さです。 特にこの「金蒔絵開き箪笥」は、たて9cm横が8、5cmの大きさ […]

花の貝合わせと小箱です。

昨日完成した「花の貝合わせ」です。江戸から明治にかけて作られた小箱(8×8×8cm)に5組の貝合わせ(大きさ3cm)を入れました。   この小さい貝合わせは、10年ほど前に日本橋の「三井記念館」で見たお雛様と貝 […]

小さいサイズの貝合わせに、花を描きました。

暑さが本格的になってきた九州大分ですが、今時間を見つけてはこの小さい貝合わせに四季の花を手描きしています。   上から、モクレン、ノジギク、サギソウ、アヤメ、キキョウ、ユリ、椿、梅、桜となっています。私が手にし […]

花の貝合わせが完成しました。

依頼されていた貝合わせと貝桶をセットにした物が、完成しました。 貝桶の大きさといい、貝とのバランスも程よい感じです。5組の貝合わせは、依頼主の希望で花を選んでいただきました。 ご自分への還暦祝いのご褒美だそうです。 紅白 […]