外仕事が始まります。

どうも九州は梅雨が明けたようです。カラッとしてきました。そこで今まで家の中でやっていた仕事をしばらくやめて、一気に外へ出ました。 ちょっと朝は暑いですが、午後になると庭が木陰になって、蚊もいないのでここで一気に詰まってい […]

食糧がはいってきました。

さて、8月9日より大分にふくしまからやってくる子ども達のために、地域で料理を作って、食べてもらって、休んでもらって遊んでもらおうと言う企画「ふくしまの子供と遊ぼう~大分世話人会」がいよいよ始まりました。Facebookに […]

田中一村

田中一村 私も20年ほど前にNHKの日曜美術館で知った方ですが、日を増すごとに有名になってきた方です。 もともと生まれは栃木県らしいのですが、50才を越した頃から鹿児島の奄美大島に居を移し、東洋のゴーギャンのように島での […]

お別れの花見

今日は、藤原美術研究所に通っていた子供の絵の中で、今度中学生になる子ども達のお別れ花見です。 子供の絵は、私たちが結婚して最初に始めた仕事で、私も妻も同じ美術をやっていましたから、出来ることと言えば絵を教える事ぐらいで、 […]

私たちの恩人

私は熊本生まれ、妻は福岡生まれで、大分には大学があった関係で、卒業後も住み着くことになり、しばらく大学のあった別府に住んでいました。 その後、2人の子供が生まれて、別府は暖かくて買い物にも便利だし子育てのためにもずっと住 […]

薪ストーブ、改造

南国九州もさすがに寒くなってきました。 私のアトリエにつけた薪ストーブ、なかなか子ども達(これは私の子供ではなく妻が教えている子ども達や、私が教えている高校生たちのことであります)にも評判です。 昨日も、水曜日の教室の子 […]

天窓の下で続けています。

  工房の天窓 今日は朝から曇りがちの天気で、時折雨が降ったり 止んだりの寒い1日。天窓も開けてはいるが光が足 りないので、白熱灯を2つ点けて完成間近の羽子板 と貝合わせを仕上げました。 (末摘花、紅葉賀) そ […]

庭の小さな池

冬とは思えない暖かさも手伝って、このところ夕方の1時間ほどを使って庭の手入れを少しずつしています。私の家の庭はそのまま公園の森につながっているために、夏の間にそのままにしておくと歩くのもままならないほどの草や木々の茂りに […]

「寛永の華」の羽子板を製作しています。

昨年の暮れにkさんから注文があった「寛永の華」に入る、羽子板と貝合わせを、年末から年明けにかけて製作しています。このところ九州は冬とは思えないほどの暖かさで、アトリエの天窓から時折差し込む日差しを感じながら製作を進めてい […]