蒔絵箪笥と型染めの丹後ちりめんに、小さい雛人形を組み合わせました。

精巧に作られた明治の雛道具に、赤く染めた丹後ちりめんに桜の花びらを型染めして、豪華なお雛様にしました。 お雛様や雛道具を列べたときの大きさが、70cm程度で、高さが20cm奥行き25cmのやや大型の雛壇セットになります。 […]

幕末明治の蒔絵箪笥で、優雅なひな祭り。

ちょっと遊んでみました。内裏雛は、幕末から明治にかけて京都で作られた優雅な蒔絵箪笥の引き出しに座り、三人官女は小箱の中、五人囃子は蒔絵たんすの上に置いてみました。こま犬や貝合わせもあちらこちらに入れてみました。 &nbs […]

姉妹のお雛様が【小さき物の世界】完成しました。

これは、先にも紹介しましたが、数年前に初めてのお嬢様のためにご購入いただいた【小さき物の世界】です。今回妹様が生まれてもう一つお雛様セットを作って欲しいという事でした。雛道具はおおかた決めていましたが、それに使う布が完成 […]

可愛らしい自作のひな祭り

先日「以前源氏シリーズのお雛様とお内裏様、小物などを買わせて頂いた者です。 追加でひな壇を買わせて頂きたいと思うのですが、源氏シリーズの場合どれを選べばいいのかわかりません。 寛永雛のひな壇は、源氏シリーズにあうのでしょ […]

オーストラリアで、なつめ雛の「ひな祭り」

先日より、オーストラリア・シドニー在住の日本人の方から「こちらで茶道を習っておりますため「なつめ雛」は先生やお稽古仲間の皆さんも喜ばれるかなとも思いますが、、、、」とのご依頼で、棗を中心にして様々な雛人形の組み合わせを提 […]

新しい三人官女

新しい三人官女です。源氏シリーズのお雛様と組み合わせたり、屏風や雪洞などを周りにおいてあげると、一層ひな祭りらしくなってくると思います。官女たちが持っているヤカンや、柄杓などはすべて金箔仕上げにしております。 今年から、 […]

新年の仕事始め

新年になって、九州は天候が晴れたり曇ったりの不安定な天気で、雪こそありませんが寒かったり暑かったりの日々が続いています。そんな中、工房では貝合わせやお雛様作りの日々は続いています。 下の貝合わせはお子様のひな祭りに注文い […]

寛永雛を制作中です。

部屋の中も段々寒くなってきました。それとともにみかわ工房でも、春にめがけて貝合わせや羽子板の制作とともに、雛人形の制作も続けています。これは、三人官女の下地仕事をやっているところです。   もう一方では、「寛永 […]

朱色の雛箪笥とピンクの布

これは、私が選んだ雛箪笥に染色の清家さんが、その家具の特徴に合わせて1枚1枚布を染めたり、手描き彩色したりして作り上げたお雛様セットです。 写真の箱の1つ1つに雛箪笥、雛壇、敷き布などが入っています。   これ […]

小さい小箱とお雛様。丹後ちりめんに桜の花びら。

いよいよこのシリーズも最後に近づいてきました。 今度は、目にしみ入るような赤い丹後ちりめんと、スッキリとした昭和の雛箪笥の組み合わせです。 大きさは、手にしていることでも分かりますが、高さが11cm程度で、3枚の布を列べ […]