小さい江戸の小箱が出てきました。

最近私のもとに届いた江戸後期の小箱セットです。 1つ1つが10cmにも満たない大きさの物で、木を削って漆を塗り、金具を細工したとは思えないほどの精巧さです。 特にこの「金蒔絵開き箪笥」は、たて9cm横が8、5cmの大きさ […]

ひな祭りの写真が送られてきました。

お客様から、ひな祭りの写真が届きました。 寛永雛を購入された方で、布は丹後ちりめんを赤く染めて金箔の花びらを散りばめています。おまご様の為にお祖母様が探して、購入されたものです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー […]

小さい「貝合わせ」を作って見よう。その2

前回の「貝合わせの下地作り」の後、2〜3日がたち貝の内側もほぼ乾燥したでしょう。所々にヒビなどもありますから、是を埋めながら塗ったり、サンドペーパーで削ったりして仕上げます。   そうしたら、今度はその会の内側 […]

蒔絵箪笥と型染めの丹後ちりめんに、小さい雛人形を組み合わせました。

精巧に作られた明治の雛道具に、赤く染めた丹後ちりめんに桜の花びらを型染めして、豪華なお雛様にしました。 お雛様や雛道具を列べたときの大きさが、70cm程度で、高さが20cm奥行き25cmのやや大型の雛壇セットになります。 […]

姉妹のお雛様が【小さき物の世界】完成しました。

これは、先にも紹介しましたが、数年前に初めてのお嬢様のためにご購入いただいた【小さき物の世界】です。今回妹様が生まれてもう一つお雛様セットを作って欲しいという事でした。雛道具はおおかた決めていましたが、それに使う布が完成 […]

手描き「花の貝合わせ」が完成。

小さい貝合わせが完成しました。依頼者(お祖母様)の要望で貝合わせの一方に「ユリの花」もう一方に「ゆずの花」を描いてほしいという依頼です。 妻が電話で依頼者とお話したところによると、「ゆず」は、お孫様の名前で、ユリはそのお […]

白地の貝合わせも完成。

小さいサイズの貝合わせが30組ほど完成しました。貝合わせの内側の絵は完成していましたが、その後外側の部分のシールを剥いだりして1組1組をセロファンの袋に入れていく作業が終わっていませんでした。 ここまでして、やっと【小さ […]

小さい「貝合わせ」に花を描く

今日は、昨日下地が完成した貝合わせに、「四季の花」を手描きします。大きさが1,5〜2cmあまりの小さい物ですから、しっかりと照明を当てて、筆先の細い面相筆という物を使って慎重に描いてゆきます。 その様子を、動画に収めてみ […]

小指大の貝合わせを作る

土日と愉快に遊んだので、今日は工房のドアは開けて小さい貝合わせの下地作りです。この貝合わせ幅が、1,5cmあまりでハマグリでは入手できない為に、シジミを使って作ります。作業としては貝の外側に、貝が付いている状態の時にあら […]

もうすぐです。

染色の清家文香さんの工房です。工房は私の自宅から少し離れたところにあり、2階に染め物に使う布地や【雛・小さきものの世界】の雛道具を置いており、その3階が染めたものを加工するスタジオになっています。 スタジオには、染めた雛 […]