2つの貝合わせセットが旅立ちます。

2月末になって2つの貝合わせセットが、旅立ちます。1つは小さい小箱は、4×6×3cmの小さなものでこの中に源氏物語で音が聞こえるシーンを3つ選んで手描き彩色しています。   1つ1つの貝合わせは、3cm余りの小 […]

手描き「花の貝合わせ」が完成。

小さい貝合わせが完成しました。依頼者(お祖母様)の要望で貝合わせの一方に「ユリの花」もう一方に「ゆずの花」を描いてほしいという依頼です。 妻が電話で依頼者とお話したところによると、「ゆず」は、お孫様の名前で、ユリはそのお […]

2組の貝合わせが完成しました。

大きな貝合わせが2組完成しました。下の貝合わせは「紫式部日記」の五十日祝いのシーンで中国地方に住む方からのご依頼です。   そして、この貝合わせはこの季節になると毎年1組ずつ購入されている方の「貝合わせ」です。 […]

金箔仕上げの羽子板、貝合わせ、貝桶

今日も工房で1日中注文を受けた羽子板、貝合わせなどを制作にかかっています。 左の羽子板は下地である板に金箔を施すところまでは、温かい春のうちにやっておきましたので、注文を受けましたらこの金箔の上に細い筆を使って直接1枚1 […]

三組の手書き貝合わせ制作中

貝合わせの制作が、少しずつ進んでいます。上の貝合わせが7cm、手前の貝合わせが8〜9cmのもので、後2〜3日で完成かと思います。   下の貝合わせは、大きさが2,5cmの小さいなものに四季の花、上が藤と桃の花、 […]

新年の仕事始め

新年になって、九州は天候が晴れたり曇ったりの不安定な天気で、雪こそありませんが寒かったり暑かったりの日々が続いています。そんな中、工房では貝合わせやお雛様作りの日々は続いています。 下の貝合わせはお子様のひな祭りに注文い […]

大きい手描きの「貝合わせ」完成。

ご覧いただければお分かりだと思いますが、幅が12cmの蛤で、蛤では最大の大きさとなります。   この貝の内側に金箔を一面に張って、この上から顔料を使って手描き彩色した物が、この絵になります。画題は源氏物語絵巻の […]

白地の貝合わせも完成。

小さいサイズの貝合わせが30組ほど完成しました。貝合わせの内側の絵は完成していましたが、その後外側の部分のシールを剥いだりして1組1組をセロファンの袋に入れていく作業が終わっていませんでした。 ここまでして、やっと【小さ […]

金地の「貝合わせ」も完成。

今日は、もう一方の金地の貝合わせも完成しました。 この貝合わせも大きさが1,5cmから2cm程度の幅の貝で、今回は一方に「松」もう一方に「椿」を描きました。 写真の貝合わせは、絵を描いた後に絵の具が落ちないように、表面に […]

小さい貝合わせ

小さい小さい「貝合わせ」誕生

ようやく、小さいシリーズの貝合わせが完成しました。今回完成したのは白地をベースにした貝合わせで、上下に金箔を施し、一部に雲形文様を施しています。左下の貝は、幅が1,5cmあまりですから、すべての作業が大変です。白地の部分 […]