兜に童の5月人形です。

もう一つ5月人形を作りました。 童に金箔仕上げの兜を組合わせいます。 桐箱の上に置いたときの大きさが横17cm 高さ17cm、奥行き15cm程度ですから狭い玄関や本棚の隅にも余裕で置くことが可能になりました 桐箱は11× […]

大小二枚の手描き羽子板が完成しました。

先日から作り続けていたというか書き続けていた羽子板がようやく完成しました。一枚は源氏物語絵巻「梅が枝」のシーンで、依頼者が「濃いめでハッキリと」という依頼なのでこのような仕上げになっています。   下の羽子板は […]

節分の仕事です。

節分が終わり、今日は立春です。みかわ工房では工房にこもってお客様から注文のあった様々な物を並行して作っています。下の写真は桐箱に藤の花と桜の花を散りばめた「紫式部日記」のはこです。 下の写真は、お一人の方から羽子板と貝合 […]

姉妹の手作り羽子板。

先日羽子板と貝合わせの注文があった方より、お姉様の誕生の祭にみかわ工房の羽子板を購入されていて、これに合わせて、姉妹らしい羽子板を描いて欲しいと言うことで送ってきました。 3〜4年前に描いた羽子板のようで、なつかしい気が […]

貝合わせの貝が選ばれています。

ザルに入った貝の山で、知り合いの料亭の方から分けてもらった「天然蛤」の殻です。 いただいた蛤は、妻がこの貝殻の中から左右が上手く一致する貝を探して、お互い上手く合わさった物だけを貝合わせの貝として使います。 ハマグリの特 […]

今度は源氏物語絵巻の「貝合わせ」が中国へ

関東地方の方から、「中国のお友達の結婚祝いに、みかわ工房の貝合わせを送ってあげたい。」というご依頼があり、制作を開始しています。 貝合わせの題名は源氏物語の「紅葉賀」で、結婚される方をイメージして頑張っております。 いつ […]

雛祭りを演出

東京の方から「近々にギャラリーで雛祭りをテーマにした書を展示するのに、その書に合うものを探している」と言うことで、電話でお話を聞かせてもらいました。お話によると展示するスペースが、90cm角のテーブルの上が与えられたスペ […]

「白木の貝桶」の貝合わせが進んでいます。

以前完成した「白木の貝桶」に入れる貝合わせも決定し、いまその貝合わせの制作が進んでいます。 貝合わせは5組として、幅が5cm程度の天然ハマグリにしました。 貝合わせに描いている題材は、源氏物語絵巻の「梅枝」「若紫」「葵」 […]

大きい「貝合わせ」が完成しました。

先月の末に「貝合わせを貝合わせの儀に使いたい」という方からの依頼を受けて、大きさが12cmのハマグリに源氏物語の1シーンを描くことになりました。 まだ、金箔仕上げをしたハマグリの内側に、細い筆で下絵を描いている段階です。 […]

小さい貝合わせ

小さい小さい「貝合わせ」誕生

ようやく、小さいシリーズの貝合わせが完成しました。今回完成したのは白地をベースにした貝合わせで、上下に金箔を施し、一部に雲形文様を施しています。左下の貝は、幅が1,5cmあまりですから、すべての作業が大変です。白地の部分 […]