江戸の小箱に、小さな「枕草子」の貝合わせ

以前私が手に入れていました、江戸の小箱に三組の貝合わせを入れてみようと思いました。白地のハマグリに「枕草子絵詞」に登場する雅なシーンを三組選び出して見ました。 小箱には初めから梅に鶯のような蒔絵が施されていましたが、少し […]

小さい小箱にミニュチュアサイズの貝合わせを入れてみました。

梅雨の合間に貝合わせを仕上げました。 大きさはミニュチュアサイズで、箱も5cm×7cmで、貝合わせは2cmあまりの小さいものです。   貝合わせは、絹地の袋に入れて納めています。   3組の貝合わせに […]

羽子板、貝合わせに金箔張りの作業をやっています。

湿度があって風がないとき、一番良いのが金箔張りです。金沢から取りよせた金箔を惜しみなくどんどん張って行きます。   これは貝のサイズが7cmのハマグリにほぼ金箔を張り終えたところです。店頭で売られている貝合わせ […]

貝合わせをお重の中に並べて、ひな遊びを

先週は、関東の方から「手持ちのお重に、みかわ工房の貝合わせを収めて雛祭りに愛でるようにしたい」という依頼がありました。貝合わせはすでに好みの題名を選んでおられたので直ぐに制作にかかりました。ただ、貝合わせをそのままお重に […]

花を散りばめた小箱に、花の貝合わせセットを納めました

時間が出来ましたので、無地だった桐の小箱(11×30cm)に季節の花を手描きして、手持ちの貝合わせと組み合わせてみました。   箱には3つの扇型の画面を作り、それぞれ金地と銀地(銀箔)にして、季節の花を手描きし […]

百人一首の貝合わせを、明治のアンティーク小箱に収めてみました。

以前から百人一首の貝合わせは作っていましたが、今回は3〜4cmのハマグリに5つの歌を書いて、明治の小箱に入れて見ました。大きさも手頃ですから海外の方へのお土産や、お孫様への初節句の祝いなどのお使いいただけると思います。 […]

二つの貝合わせが、海外の方へプレゼントされました。

昨年に続きある自治体から、海外のある市へ表敬訪問をされる際の贈答品としてみかわ工房の貝合わせを選んでいただきました。 こうした表敬訪問の際には、自国の花と訪問先の花をそれぞれの貝に入れるらしく先方からいただいた写真をもと […]

伊勢物語の貝合わせ

伊勢物語の貝合わせ。姉妹で貝合わせ遊びが出来ます。

「伊勢物語」は、平安時代に歌人在原業平が、短編の文章として書いたものに、時々の画家が物語の一部を描いていますが、なかなか保存のいいものが伝わっていないようです。   私は、高校時代に古文で「筒井つの井筒にかけし […]

花の万葉集、貝合わせセットを制作中です。

この春に制作にかかっていた花づくしの貝桶に、入れる貝合わせを思案中でしたが、ようやく貝合わせが決まりました。   貝合わせの題材は「花の万葉集」になりました。万葉集の中で歌われた春、夏、秋、冬の花を取りあげて金 […]

花の貝合わせと小箱です。初孫の初節句の贈り物に最高の一品です。

昨日完成した「花の貝合わせ」です。江戸から明治にかけて作られた小箱(8×8×8cm)に5組の貝合わせ(大きさ3cm)を入れました。   この小さい貝合わせは、10年ほど前に日本橋の「三井記念館」で見たお雛様と貝 […]