梅雨の最中、工房では雛飾りを作っています。

きょうも、朝から雨がしとしとと降っています。自宅から工房に行く(と言っても10mほどです)石畳には霧のような雨が降ってしっとりとした雰囲気です。 10mほど行って、お雛様をつくる工房に到着です。地下1階、地上が2階建てに […]

初節句の「ひな祭り写真」が送られてきました。

お客様から、ひな祭りの写真が届きました。 寛永雛を購入された方で、布は丹後ちりめんを赤く染めて金箔の花びらを散りばめています。おまご様の為にお祖母様が探して、購入されたものです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー […]

三段飾りの寛永雛や「紫式部日記」を見てみたい方が、工房訪問です。

最近、工房への訪問が多くなってきました。 みかわ工房は、元々は湯布院を中心にお雛様を販売していましたが、その後東京の新宿「伊勢丹」や西武百貨店、日本橋三越 と販売する場所が代わってきましたが、最近はギャラリーの数も減って […]

2人目の雛人形と手作りの羽子板です。

以前にも、みかわ工房の雛人形セットを1度ご購入いただいた方から、再び寛永雛と羽子板の注文がありました。ありがとうございます。 丁度、前の羽子板や貝合わせが完成した後でしたから、ゆっくりと時間を取ることが出来て意外に早く完 […]

新年の仕事始めは、貝合わせの制作と五人囃子の修理です。

新年になって、九州は天候が晴れたり曇ったりの不安定な天気で、雪こそありませんが寒かったり暑かったりの日々が続いています。そんな中、工房では貝合わせやお雛様作りの日々は続いています。 下の貝合わせはお子様のひな祭りに注文い […]

雛祭りに備えて三段飾りの「寛永雛」を制作中です。

部屋の中も段々寒くなってきました。それとともにみかわ工房でも、春にめがけて貝合わせや羽子板の制作とともに、雛人形の制作も続けています。これは、三人官女の下地仕事をやっているところです。   もう一方では、「寛永 […]

みかわ工房の3段飾りの寛永雛が、オーストラリアのシドニーへ

この夏に寛永雛の注文を受けていた「寛永雛」ですが、ようやく布も完成して関東地方にお送り致しましたが、この度、先方より「当方は、海外の豪州オーストラリアのシドニーに在住していて、転送してもらってようやく届きました。」という […]

雛祭り用の雛飾り「油灯」が完成しました。

これまで油灯の上部上の部分を薄い和紙で作っていたところを、今回よりへたりにくい厚手の紙を使って作り直しました。紐を結ぶ作業は、私が見本を作って、これを最近から手伝いに入ってもらった妻の知り合いの方に、やってもらいました。 […]

お雛様のお手入れと、保管について

お雛祭りが終えたご家庭にワンポイント お部屋で飾れたお雛様は、やっぱり汚れているかもしれませんから、薄手の絹か、ティッシュのような物で、軽くお顔や頭部を払ってあげて下さい。くれぐれも水は付けないようにして下さい。それが終 […]

桐箱の紐について

桐箱は、先にも述べましたがこの箱をより強固にするものが、「紐」です。みかわ工房では、幾つかの紐を全国の産地から取り寄せて、箱にあった大きさと、色合いを吟味して使用しています。 これは、羽子板(大)を入れるための桐箱で、巾 […]