「ページが見つかりませんでした 」、、、について

最近、私のブログ「みかわ工房の制作日記」の一部の記事が下のように「ページが見つかりません」と出てきます。これは、以前書いた記事ごと違うサーバー(倉庫のような物です)に移動した際に、文章と写真の連結がうまく出来なくてこうし […]

羽子板の歴史

羽子板は女の子の節句には欠かせない縁起物の一つになっていますが、元々は江戸時代以前から子供の厄をはらう道具で、正月の儀式をする縁起物の一つだったようです。下の写真は京都にある藤原定家の子孫冷泉家に伝わる羽子板で、羽子板の […]

花を散りばめた小箱に、花の貝合わせセットを納めました

時間が出来ましたので、無地だった桐の小箱(11×30cm)に季節の花を手描きして、手持ちの貝合わせと組み合わせてみました。   箱には3つの扇型の画面を作り、それぞれ金地と銀地(銀箔)にして、季節の花を手描きし […]

アンティーク家具にミニサイズのお雛様で、小さくても三段飾りです。

ミニサイズの雛人形や貝合わせなどを集めて、昭和の初期に作られた雛飾りの蒔絵たんすと組み合わせて、マンションやアパートでも気軽に雛祭りが出来るようなセットにしました。 可愛らしいミニサイズのお内裏様たちです。高さが13cm […]

小箱の中から小さいお雛様が出てきて「雛祭り」

明治期の小箱が出てきたので、この小箱に合わせてひな人形や貝合わせ、こま犬を揃えて小さいひな人形セットを作ってみました。これだとマンションやアパートの狭い空間でも初節句を演出できます。イメージとしてはこの小箱に小さなお雛様 […]

兜と童で、ミニサイズの端午の節句雛になりました。

もう一つ5月人形を作りました。 童に金箔仕上げの兜を組合わせいます。 桐箱の上に置いたときの大きさが横17cm 高さ17cm、奥行き15cm程度ですから狭い玄関や本棚の隅にも余裕で置くことが可能になりました 桐箱は11× […]

花の貝合わせと小箱です。初孫の初節句の贈り物に最高の一品です。

昨日完成した「花の貝合わせ」です。江戸から明治にかけて作られた小箱(8×8×8cm)に5組の貝合わせ(大きさ3cm)を入れました。   この小さい貝合わせは、10年ほど前に日本橋の「三井記念館」で見たお雛様と貝 […]

小さいサイズの貝合わせに、花を描きました。

暑さが本格的になってきた九州大分ですが、今時間を見つけてはこの小さい貝合わせに四季の花を手描きしています。   上から、モクレン、ノジギク、サギソウ、アヤメ、キキョウ、ユリ、椿、梅、桜となっています。私が手にし […]

花の貝合わせが完成しました。還暦祝いや母の日のプレゼントに

依頼されていた貝合わせと貝桶をセットにした物が、完成しました。 貝桶の大きさといい、貝とのバランスも程よい感じです。5組の貝合わせは、依頼主の希望で花を選んでいただきました。 ご自分への還暦祝いのご褒美だそうです。 紅白 […]

花の貝合わせを手描きでスケッチからはじめています。

貝合わせのスケッチが始まりました。 御希望が「薄めで柔らかく」という事なので色使いを選びながら進めてゆきます。また、完成した貝合わせはこの「貝桶」に入れる事になりますから、容器と貝合わせのバランスが崩れないように仕上げま […]