発送しています

今日も、みかわ工房のお雛様が、妻と妻の妹の手できれいに包装されて発送されて行きます。 この箱は、「寛永雛」といってお雛様全体のお道具が桐箱に収められています。桐箱もこだわりがあり、上蓋と下箱のかぶせをどれくらいの比率にし […]

「紫式部日記」の羽子板

JUGEMテーマ:育児 昨日は、「紫式部日記」のお雛様セットのご注文を、お電話でお受けしました。 この場合は、桐箱に収めた雛人形セットに内裏雛、三人官女、五人囃子がついて、その下に敷く布を2種類の手作りの作品から選ぶ事が […]

大きい羽子板、小さい貝合わせ

雛人形「みかわ工房」では、貝合わせ、羽子板共に大きさの違ったものを制作しています。これは、単に羽子板や貝合わせを単独で捉えるのではなく、大きい羽子板はその羽子板にあったバランスのお雛様や、貝合わせを選びやすいようにしてい […]

みかわ工房で製作中の手描き彩色羽子板

羽子板の下絵の確認

このところ、初節句には、まずお正月の羽子板などの飾り付けからセレモニーが始まる風習が定着してきているようで、江戸の押し絵羽子板や、私が作っている京風羽子板などをお求めになられる方が多くなってきました。 ご注文を受けると、 […]

花びらの箱が完成。

今月初めに御注文のあった寛永雛が完成しました。 ご依頼主はお祖母様で、お孫さんの初節句の祝いにみかわ工房の雛人形をネットで探し当てられて、今回の御注文となりました。それから半月ひめ羽子板や桐箱の絵付けなどを済ませ、いよい […]

「紫式部日記」の赤

ようやく雛人形セット「寛永雛」の布やお雛様の撮影が終わって、次の雛人形セット「紫式部日記」の撮影に移っています。 ここに撮影した赤い布は、染色の清家文香さんが丹後ちりめんに花びらを型染めし、その花の部分を残して深い赤に染 […]

小物が完成しました。

バラバラに進めているようで、やっと「紫式部日記」の小物たちが完成。 こま犬は6月頃に作っており、貝合わせが白地の貝合わせ、金地の貝合わせと、この暑い夏をくぐり抜けながらようやく完成し、貝合わせがばらけて他の貝と混じらない […]

白地の貝合わせ

幅が3cm程度の天然ハマグリの内側に、手描きで花を描いた貝合わせがようやく完成しました。 何せ暑い中の作業で、ゆっくり時間をかけてやりましたから1ヶ月程かかりました。 胡粉の白地と金箔の色がきらきらしていて、華やかさを出 […]

これが人気でした。

みかわ工房が作っているこま犬(狛犬、犬箱、お伽犬、等と言います)は幾種類かありますが、今年に入って欲しいという方の問い合わせが多くありましたし、日本橋三越本店でも、「あら、かわいいこれだけ欲しいわー」と言った方も多くあり […]

桃の節句になりました。三越3日目

今朝近くで桃の花を買って来て、三越のステージに飾り付けしました。 大分から新作品も届いて会場はすっかり春らしくなりました。でも、今日の東京はしぐれてとっても寒いです。 今日は、私が貝合わせを欠いているテーブルからお客様を […]