幕末明治の蒔絵箪笥で、優雅なひな祭り。

ちょっと遊んでみました。内裏雛は、幕末から明治にかけて京都で作られた優雅な蒔絵箪笥の引き出しに座り、三人官女は小箱の中、五人囃子は蒔絵たんすの上に置いてみました。こま犬や貝合わせもあちらこちらに入れてみました。 &nbs […]

姉妹のお雛様が【小さき物の世界】完成しました。

これは、先にも紹介しましたが、数年前に初めてのお嬢様のためにご購入いただいた【小さき物の世界】です。今回妹様が生まれてもう一つお雛様セットを作って欲しいという事でした。雛道具はおおかた決めていましたが、それに使う布が完成 […]

手描き「花の貝合わせ」が完成。

小さい貝合わせが完成しました。依頼者(お祖母様)の要望で貝合わせの一方に「ユリの花」もう一方に「ゆずの花」を描いてほしいという依頼です。 妻が電話で依頼者とお話したところによると、「ゆず」は、お孫様の名前で、ユリはそのお […]

母の日「花の貝合わせ」の提案です。

男性の私にとっては、「母の日」という言葉は少し気恥ずかしい気がして、母が生きていた頃に花を贈る等と言った事は出来ずじまいで終わってしまいました。そんな私から送っても恥ずかしくない、むしろ母に喜ばれるであろう企画の発表です […]

2組の貝合わせが完成しました。

大きな貝合わせが2組完成しました。下の貝合わせは「紫式部日記」の五十日祝いのシーンで中国地方に住む方からのご依頼です。   そして、この貝合わせはこの季節になると毎年1組ずつ購入されている方の「貝合わせ」です。 […]

やっと巡り会えたお雛様。

先日【小さき物の世界】22番をお買い上げいただいたお客様より、メールと素敵な写真が届きました。 この写真を見るとお子様は、生まれたばかりではありません。購入前のメールには、 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー […]

可愛らしい自作のひな祭り

先日「以前源氏シリーズのお雛様とお内裏様、小物などを買わせて頂いた者です。 追加でひな壇を買わせて頂きたいと思うのですが、源氏シリーズの場合どれを選べばいいのかわかりません。 寛永雛のひな壇は、源氏シリーズにあうのでしょ […]

大小二枚の手描き羽子板が完成しました。

先日から作り続けていたというか書き続けていた羽子板がようやく完成しました。一枚は源氏物語絵巻「梅が枝」のシーンで、依頼者が「濃いめでハッキリと」という依頼なのでこのような仕上げになっています。   下の羽子板は […]

工房訪問に備えて

最近、工房への訪問が多くなってきました。 みかわ工房は、元々は湯布院を中心にお雛様を販売していましたが、その後東京の新宿「伊勢丹」や西武百貨店、日本橋三越 と販売する場所が代わってきましたが、最近はギャラリーの数も減って […]

姉妹からのお願い

下の写真は、数年前に購入していただいたみかわ工房の【小さき物の世界】です。 その後、下に妹さんが出来て、「お雛様や雛道具は近いけど姉とは少し違ったものを、、、」というご依頼で、道具を探していましたが、丁度良く「松に鶴」の […]