退職のお祝いに、【小さき物の世界】

先日【小さき物の世界】8番 を購入いただいた方から、心のこもったメールが届きましたので皆様にもお伝えさせていただきます。 メールには、下の写真3枚が同封されていました。   そして、下記が添付されていたメールで […]

新しい筆

今日の午前中、大分県立美術館で開催されている「リートフェルト/ブルーナ/ADO展」を見にいってきました。というよりリートフェルトを見にいった方が分かりやすいかもしれません。彼はオランダの建築家で、インテリアからユニークな […]

手持ちのお雛様の横に、手作り羽子板と手描き貝合わせを、、の2

先週ご注文をいただいた羽子板に、染色の清家文香さんが時間を見て、赤い丹後ちりめんの布を巻いてくれています。これで完成で、この後、羽子板はひめ羽子板ですから布の袋に入れて発送します。   そして、今回ご依頼を受け […]

手持ちのお雛様の横に、羽子板と貝合わせを、、

昨日、妻が電話で「写真の親王雛は、長女(5歳)の初節句の際に購入したもので、今回の羽子板、貝合わせは次女(9ヶ月)へと思って探しておりましたが、大きくなるまでは所有をどちらのものと決めずに2人で仲良く共有させていこうと思 […]

2人目の雛人形と手作りの羽子板です。

以前にも、みかわ工房の雛人形セットを1度ご購入いただいた方から、再び寛永雛と羽子板の注文がありました。ありがとうございます。 丁度、前の羽子板や貝合わせが完成した後でしたから、ゆっくりと時間を取ることが出来て意外に早く完 […]

新しい三人官女

新しい三人官女です。源氏シリーズのお雛様と組み合わせたり、屏風や雪洞などを周りにおいてあげると、一層ひな祭りらしくなってくると思います。官女たちが持っているヤカンや、柄杓などはすべて金箔仕上げにしております。 今年から、 […]

新年の仕事始め

新年になって、九州は天候が晴れたり曇ったりの不安定な天気で、雪こそありませんが寒かったり暑かったりの日々が続いています。そんな中、工房では貝合わせやお雛様作りの日々は続いています。 下の貝合わせはお子様のひな祭りに注文い […]

手のひらに入るお雛様

新年になって完成したみかわ工房の【小さき物の世界】15番です。 赤く染めた丹後ちりめんの上にヒッソリとたたずんでいるお雛様は、わずか3cm余りの内裏雛、三人官女で、五人囃子は1,5cm程になります。雛壇全体の高さが屏風ま […]

小さいお雛様への思い

近年、私たち夫婦にも2人の孫(男1人、女1人)が生まれました。これまでお雛様を贈るという実感はありませんでしたが、自分の娘や息子が孫の雛祭りをするという機会がやって来て、孫のために「お雛様を飾ってあげたい」という思いが湧 […]

新年の手描き羽子板完成。

温かかった九州も、クリスマスを過ぎたらさすがに寒くなってきました。工房では朝から暖房を入れて注文を受けている羽子板や貝合わせ、「寛永の華」などを工房と別館の工房を移動して仕事を進めています。 下の写真2枚は、今日手描きの […]