お雛様が本棚に収まる三段飾りになりました。

昭和の頃までは初節句の雛祭りといったら、雛人形屋さんに行って注文し、4畳部屋や6畳の部屋一間を使って雛祭りを行っていたようですが、だんだんと住宅から和室が無くなってきたり、組み立てに時間を要する雛人形が敬遠されるようにな […]

昭和の雛道具職人の技

この雛道具、大きさが縦15cm×横6cm、高さが16cmの小さい物ですが、しっかりとした作りで今でもちゃんと道具をしまうことが出来る箪笥になっています。これが作られたのは今から80〜90年ほど前の昭和初期で、当時はまだ全 […]

大正の雛道具で雛祭り。

雛祭りをする方の中には、それほど大きくないお雛様であって手作りにこだわった物に重きを置いている方も多いかと思います。この小さき物の世界24番は、その両方を叶える為に作られたお雛様セットでもあります。まず、お雛様の周りの雛 […]

マンションやアパートの狭い場所で、初めてのひな祭りを考えている方へ

ひな祭りのお雛様は誰が贈る物?旦那様のご両親から、それならお嫁さんの両親からは、羽子板?などと様々な話しが飛び交いますが。 お若い夫婦にとってそれより問題なのが、「狭いスペースにどうやって雛人形を飾って、ひな祭りをする」 […]

大正期のローズ色をしたひな箪笥と、ミニュチュアサイズの雛人形を組み合わせ。

雛人形はみかわ工房のミニュチュアサイズのお雛様を使い、雛道具は大正時代に作られたローズ色をした蒔絵ダンスを並べてみました。この3つを並べた幅が45cm、奥行き20,高さが13cmですから、マンションやアパート住まいの方で […]

明治のアンティーク箪笥と小さいお雛様を、赤い縮緬にのせた雛飾りセット

しばらく休んでいたお雛様作りの開始です。この雛人形セットは、以前違うかたちで出していましたが、新しく組み替えて箪笥と、長持ち、小箱の雛道具とお雛様を組み合わせました。 写真でもお分かりのように、雛道具は大きめ(20cm、 […]

幕末明治のアンティークタンスで、ちょっとおしゃれなひな祭りを演出してみました。。

ちょっと遊んでみました。内裏雛は、幕末から明治にかけて京都で作られた優雅な蒔絵箪笥の引き出しに座り、三人官女は小箱の中、五人囃子は蒔絵たんすの上に置いてみました。こま犬や貝合わせもあちらこちらに入れてみました。 &nbs […]

姉妹でアンティーク家具を組み合わせたお雛様をご購入です。

これは、先にも紹介しましたが、数年前に初めてのお嬢様のためにご購入いただいた【小さき物の世界】です。今回妹様が生まれてもう一つお雛様セットを作って欲しいという事でした。雛道具はおおかた決めていましたが、それに使う布が完成 […]

工房の内と外。

3月に入って工房内を大掃除して、新しい棚を作ったり必要のないものを処分したりして、いくらか使いやすくなってきた工房内です。(わずか7畳ほどの広さですが、、、) この工房内では、ご覧のような油灯(昔の照明器具と思って下さい […]

【小さき物の世界】を追加しました。

ようやく時間が出来て、撮影台に置いたままにしていた【小さき物の世界】のシリーズを撮影開始しました。それと共に染色の清家文香さんと昨日家具の組み合わせを行い、20点近い組み合わせをしました。 下の写真は、【小さき物の世界】 […]