江戸の小箱です。

美しものです。江戸期に作られた、3つの引き出しのついた小箱を手に入れました。 箱の表面には、萩の花が描かれているようで、黒い漆に金彩色で描かれています。 箱の大きさは10cm角で、手前の板を上に上げて開ける「ラーメンの出 […]

小箱たちのシンフォニー

この小箱は、昭和の初期に作られた様で、小さいながらもとってもきれいな作りをした箪笥です。 これに続く文箱なども、さらに小さく美しい作りのものです。 こんなに小さいものに対して、実用品と同じような機能を持った箪笥が作られて […]

江戸の小箱を発見

とっても綺麗な小箱を手に入れました。 江戸の中期から末期にかけて作られた梨地(梨の表面のようにざらざらしている)の蒔絵小箱です。私もこんなに綺麗な仕上げの小箱は初めてです。おそらく地方の大名家あたりから出たものではないか […]

新作3つ出来ました

小箱が出るたびに、私は心がときめいて「この箱だったら、素敵な組み合わせのお雛様セットが出来るぞ」と思ってしまいます。 でも、箱が手元に来たら、私は一度染色の清家文香さんに渡して、箱と布の組み合わせは全て彼女に任せます。す […]

花の小箱ににつつまれて

昨日「自分だけのお雛様」を欲しいという方のために、やや小さめの桐の小箱に花を描いて見ました。 丁度大きさは良いようです。 箱は、引き上げ式にしていて、この中にすっぽりと収まるようです。大きさは15cm×15cmの正方形で […]

秘密の小箱

久しぶりに工房をのぞいてみると、染色の清家さんが、ミシンの前でなにやら作っています。 【小さき物の世界】の小箱のセレクトは、清家さんに選んでもらって布を組み合わせてもらい、その後にお雛様を組み合わせていくようにしています […]

完成と未完成。

以前、ふとしたことから作った【小さき物の世界】の11が、可愛かったので箱屋さんに頼んで同じ大きさの物と、一回り大きい見本を作ってもらいました。 実物を見ながら、清家さんと細部の仕上げやバランスを調整して、再度発注します。 […]

試作1号が完成

きょう、やっと以前スケッチしていた「小箱からお雛様が出てくるイメージ」を具体化する事が出来ました。 ほとんどの小物が、オリジナルで作り上げたものです。 このような物は、写真より動画の方が理解しやすいと思って、5カットの動 […]

もう集めています。

ひな祭りは終わりましたが、逆の意味で雛人形「みかわ工房」は、今が産みの苦しみの時でもあります。 と言いますのは、これから1年近く雛人形を少しずつ作りためてゆくわけですから、何かの指針がないと作るわけには行きません。 先に […]

ひな祭りが終わったら、、

ひな祭りがやっと終わりました。 ここですべてが終わりホッとしたい所ですが、この時期が一番エネルギーが集中していて、今回のひな祭りをよりよいものにするためのアイデアをすでに考え中です。 上のスケッチは、10cm大の桐箱にお […]