貝合わせのオーダーメイド見本です。

先日、東京の方からオーダーメイドの貝合わせのご注文がありましたが、メールでやりとりする事が出来ないために、このブログでスケッチを見て頂き、決めてもらう様にしました。 大きさが5〜6cmサイズのハマグリに白地と金地を交えて […]

自分でも小さい「貝合わせ」を作って見よう。その2

前回の「貝合わせの下地作り」の後、2〜3日がたち貝の内側もほぼ乾燥したでしょう。所々にヒビなどもありますから、是を埋めながら塗ったり、サンドペーパーで削ったりして仕上げます。   そうしたら、今度はその会の内側 […]

工房内では並行して羽子板、貝合わせ、桐箱などを仕上げています。

節分が終わり、今日は立春です。みかわ工房では工房にこもってお客様から注文のあった様々な物を並行して作っています。下の写真は桐箱に藤の花と桜の花を散りばめた「紫式部日記」のはこです。 下の写真は、お一人の方から羽子板と貝合 […]

「紫式部日記」となつめ雛

みかわ工房には、貝合わせや羽子板の柄を描く工房と、雛人形を作る工房の2つがあります。今日は、朝からもう一つの工房に入って、「紫式部日記」の女雛、男雛、三人官女をまとめて作っています。今回は、男雛と女雛の色合いを少し変えて […]

完成した3つの棗ひな

今日になってようやく3つの「棗雛」が完成しました。大きさが7,5cmの高さが8cmのやや大振りの棗になります。棗シリーズは、ホームページを御覧頂くと分かりますが、この棗の中に、お布団にくるまれた5cm程のお雛様(立ち雛) […]

貝合わせ「かがり火」が完成しました。

先日、注文を受けていた貝合わせがほぼ完成しました。 大きさが8cmほどで、源氏物語「貝合わせ」の篝火(かがりび)を描いています。 暑い盛りなので、つい涼しげな水色を使ってしまいます。 解説では、初秋の夜に源氏が、琴を枕に […]

小さい貝合わせにこだわって

最近、小さい貝合わせにこだわっていくつかのシリーズを出していますが、今回はさらに小さい貝合わせに挑戦してみました、かといって質は落とさないで貝合わせを描くにはどうしたらいいかを考えてみました。 まず、その貝合わせの大きさ […]

明治のアンティーク家具とお雛様

昨日も染色家の清家文香さんが来て、新しいお雛様セットを幾つか作り上げました。これは京都丹後ちりめんの布を淡いピンクに染めて、型染めといってあらかじめロウで花びらの形に抜いておき、その中に花弁を描いたり、新たに赤い花びらを […]

お正月が明けました。

みかわ工房のブログをごらんいただいている皆様、明けましておめでとうございます。 正月早々、普段やっております絵の指導のほうの仕事と、正月に向けた羽子板の注文が殺到して、懸命に仕事をやっておりました。 その後は、「小さき物 […]

間に合いますよ。。。。

昨日、九州の隣県の方よりメールがあり、「羽子板を描いてほしい」という連絡をいただき、午後より何とかひな祭りまでには届けて上げたいと思って、2本の羽子板を描き始めました。 2枚の羽子板を置いて、代わる代わる色のバランスを考 […]