新年を迎えるための羽子板を作っています。

この所、新年のための羽子板の注文が忙しくなってきています。下の左右の羽子板が「初音」で、真ん中の羽子板はやや小さめのサイズでひめ羽子板と呼び、「紫式部日記」セットに組み合わせる羽子板として作っています。 一人一人の要望は […]

手のひらに入る小さなお雛様。マンション住まいに最適です。

新年になって完成したみかわ工房の【小さき物の世界】15番です。 赤く染めた丹後ちりめんの上にヒッソリとたたずんでいるお雛様は、わずか3cm余りの内裏雛、三人官女で、五人囃子は1,5cm程になります。雛壇全体の高さが屏風ま […]

小さいお雛様への思い。雛道具や雛飾りも楽しい。

近年、私たち夫婦にも2人の孫(男1人、女1人)が生まれました。これまでお雛様を贈るという実感はありませんでしたが、自分の娘や息子が孫の雛祭りをするという機会がやって来て、孫のために「お雛様を飾ってあげたい」という思いが湧 […]

新春の正月飾りの羽子板が完成しました。

温かかった九州も、クリスマスを過ぎたらさすがに寒くなってきました。工房では朝から暖房を入れて注文を受けている羽子板や貝合わせ、「寛永の華」などを工房と別館の工房を移動して仕事を進めています。 下の写真2枚は、今日手描きの […]

3枚の新年用の羽子板が完成

先日から依頼を受けていた新年用の羽子板3枚がほぼ完成しました。この羽子板はみかわ工房の全ての羽子板に共通する特徴で、上下部分の雲形紋は胡粉の置上おきあげになっていて、中央から縁へ厚みが薄くなるハマグリ縁になっています。全 […]

ハンドメイドの羽子板と貝合わせ

今月は地域のイベント多かったために仕事が思うように進みませんでしたが、今日の寒さで外に出る気持ちが消極的になり、ストーブをたいて工房にこもり、注文をお受けしている新年用の羽子板と貝合わせを進めています。 この貝合わせの「 […]