明治の花嫁衣装

私の母は、大正生まれで部屋にはこれと同じ形式の箪笥がありました。木材は桐という軟らかい木で表面が湿気を吸う為に中の着物や衣類が傷まないといった特徴が有ります。母は、私が幼い頃この箪笥の上にある引き出しから何か出し入れして […]

羽子板と貝合わせの金箔下地作業をしています。

私が作っている羽子板と貝合わせは、ともすると材料を仕入れて下地処理された羽子板に描いていると思われがちですが、実際には1枚の桐の板を削りだして、カーブを付けたり文様を付けたりした後に、表面に金沢より購入しました14kの金 […]

【小さき物の世界】1番を手と比べてみたところ

アンティークの雛道具と、小さいお雛様でコンパクトな雛祭りをしたい方への提案です。

少し落ち着いて、最近倉庫を整理していたら同じ番号にダブってなおして置いた物が見つかり、写真を撮って掲載させていただきます。 落ち着いた色の丹後ちりめんの赤に、親指大のお雛様たちをならべてみます。サイズとしてはこの雛壇がB […]

今週のお仕事

さあ、今週は幾つかの制作が同時に進行します。 下の写真は、先週注文をお受けした羽子板で、辰年生まれのお子様のために「辰」を画面に入れて欲しい。とのことで進めています。まだ、辰は画面上には反映されていません。うすい線が見え […]

桐の箪笥

ありました。桐の箪笥が、、、 といっても高さが11cm程の大きさですから、小さいです。 でも、昭和に作られていた嫁入り箪笥の造りをしています。 これに、丹後ちりめんを薄いピンクに染めて、お雛様を乗せてみました。 お雛様を […]

母の嫁入り箪笥

昭和生まれの子供であれば、どこかで見た事のある桐の箪笥。 大正生まれの私の母も、これに似た箪笥を嫁入り道具として持ってきて、部屋にあったのを覚えています。 この桐箪笥も、そんな昭和生まれの懐かしさから作られた物でしょうか […]