桐箱の紐について

桐箱は、先にも述べましたがこの箱をより強固にするものが、「紐」です。みかわ工房では、幾つかの紐を全国の産地から取り寄せて、箱にあった大きさと、色合いを吟味して使用しています。 これは、羽子板(大)を入れるための桐箱で、巾 […]

誕生花を入れる

雛祭りの用意はできていますか。 みかわ工房も、今が発送の真っ直中です。妻がメールをプリントしたものを見ながら、妻の妹が一つ一つ確認しながら、お雛様を桐箱や和紙の箱に入れています。 私は、自宅から少し離れた工房で羽子板や貝 […]

桜の散るころに

JUGEMテーマ:妊娠・出産・育児準備 このところ、寛永雛や紫式部日記などの雛セットに、桐箱に入れてほしいという注文が増えています。(画面左下が紫式部日記の箱) この桐箱は、表面には何も加工していませんから、直接木部の上 […]

秋の花びら

震災、紀伊半島の水害と雨や風が九州にも続いていましたが、ようやく秋らしくなって来ました。庭の蝉の音もクマゼミの「ワシワシ」という音も「ツクツクボウシ」という音の変わり、やや静かな音に変わりました。 貝合わせのご注文に応え […]

花びらの箱が完成。

今月初めに御注文のあった寛永雛が完成しました。 ご依頼主はお祖母様で、お孫さんの初節句の祝いにみかわ工房の雛人形をネットで探し当てられて、今回の御注文となりました。それから半月ひめ羽子板や桐箱の絵付けなどを済ませ、いよい […]

3枚の布

3枚の布の撮影が終了しました。 照明の具合や、光を当てる方法が難しいです。 でも何とか、私たちが目で見ている布の精細な表情が、出ているような気がします。 最初の敷き布は、「寛永の華」や寛永雛に付ける布で、厚めの正絹をかぐ […]

やっと入りました。

これが、「みかわ工房」の「寛永の華」です。 撮影している私たちには、こうしたいと思ってもカメラは機械ですから、なかなか思うように写ってくれません。特に、几帳の白と手前の貝合わせセットは、色合いが白と黒とで対照的ですから、 […]

花の小箱ににつつまれて

昨日「自分だけのお雛様」を欲しいという方のために、やや小さめの桐の小箱に花を描いて見ました。 丁度大きさは良いようです。 箱は、引き上げ式にしていて、この中にすっぽりと収まるようです。大きさは15cm×15cmの正方形で […]

羽子板の完成(拡大)

先日、「寛永の華」を御注文された方が、「子供の名前が桜の花にちなんだ名前なので、、、桜の花を入れて欲しい」とのこと。 それで、源氏物語絵巻の「花宴」のシーンに桜の花を画面右に入れてみました。 (クリックすると大きい画面に […]

桜が満開!

私の工房では、お雛様用の桐箱に花びらを書く為のスペースは、畳1枚ほどしかないので、こうして4個を並べて書くのがやっとです。 でも、4個の桐箱が並んだ部屋の中は、桜で満開の気分になってきます。 そして、出来上がった桐箱には […]