オーストラリアで、ミニュチュアサイズのなつめ雛で茶会を。

先日より、オーストラリア・シドニー在住の日本人の方から「こちらで茶道を習っておりますため「なつめ雛」は先生やお稽古仲間の皆さんも喜ばれるかなとも思いますが、、、、」とのご依頼で、棗を中心にして様々な雛人形の組み合わせを提 […]

手描きなつめ、手作り羽子板が同時進行しています。

年末も近くなり、みかわ工房も少しだけ慌ただしくなってきました。これはなつめ雛のご注文をいただいている方の、なつめの下地です。これが乾燥したら金箔を張ったり、色彩を付けて行きます。     これは、12 […]

雑誌「和楽」に掲載した棗ひなが完成!

梅雨の合間をぬってようやく「和楽」の棗が完成しました。 ニュアンスとしては近いものだと思っています。この後このなつめの中に、立ち雛を袋に入れて、完成です。

雑誌「和楽」に掲載したなつめ雛と同じ物をご注文。

昨日から、大分は雨続きで犬の散歩にも苦労するほどの雨が降っています。 そこで、以前注文を受けていたなつめの制作にかかりました。電話を受けた妻の話では、雑誌「和楽」で紹介された絵柄がお気に入りとかで、これと全く同じに作って […]

雛祭りに和の遊び「なつめ雛」を提案します。

昨年末から東京の雑誌社から依頼があって、茶道を愛好されている方に、私のなつめを雑誌で紹介してもらって販売するという事がありました。その中で幾つかのパターンが出来ましたので紹介します。最初のなつめは、金地の袴をした男雛とそ […]

「なつめ雛」でひな祭り

なつめ雛の「桜」と「松竹梅」の2つが完成しました。桜を依頼された方は、今後海外での生活が多くなると思うので、祖母様が選んで送ってくれるそうです。 確かに、この方は、なつめ雛にふくさを付けて、袋も注文されていますから、これ […]

「紫式部日記」となつめ雛

みかわ工房には、貝合わせや羽子板の柄を描く工房と、雛人形を作る工房の2つがあります。今日は、朝からもう一つの工房に入って、「紫式部日記」の女雛、男雛、三人官女をまとめて作っています。今回は、男雛と女雛の色合いを少し変えて […]

棗雛ーーその後

これは、枝垂れ桜にしてみました。一方の女雛には、藤の花を配しています。衣装全体に散りばめてみました。 これは、松、梅、竹を配したオーソドックスなデザインにしました。まだ、金箔部分に色彩をいれていません。色彩のバランスを見 […]

棗に松竹梅

昨日、貝合わせが終わって、次は棗に下地を施していたので、その上から最初に松や梅などの絵を先に書いておきます。この後、松の上下に金箔を張ります。 この棗シリーズは、ずいぶん以前(1999)に由布院の「わたくし美術館」という […]

棗の雛

先日から進めていた棗が完成しました。 これも、「小さき物の世界」と同じで最初は購入する方も無いものと思って、自分の楽しみで作っていたものですが、「面白さ」や「楽しさ」は皆さん共通したものがあるようで、雑誌「和楽」で2回取 […]