江戸の小箱に、小さな「枕草子」の貝合わせ

以前私が手に入れていました、江戸の小箱に三組の貝合わせを入れてみようと思いました。白地のハマグリに「枕草子絵詞」に登場する雅なシーンを三組選び出して見ました。 小箱には初めから梅に鶯のような蒔絵が施されていましたが、少し […]

江戸職人の神髄を見る雛道具を使ってお雛様セットを作ります。

これは、以前東京国立博物館で行われた「江戸時代のお人形」展の写真資料です。     詳しい内容は、東京国立博物館のブログでご覧いただけます。   さて、下の写真は、私が今回手に入れた雛道具で […]

手書きの「貝合わせ」4組が完成しました。

写真でもおわかりのように下の写真は、源氏物語絵巻の「花宴」のシーンを手描きしています。それも4組。 これは、先月から貝合わせや羽子板を幾つか注文をお受けしている方から、今回は同じものを4枚描いてほしい。というご依頼に基づ […]

初節句の大小二枚の手描き羽子板が完成しました。

先日から作り続けていたというか書き続けていた羽子板がようやく完成しました。一枚は源氏物語絵巻「梅が枝」のシーンで、依頼者が「濃いめでハッキリと」という依頼なのでこのような仕上げになっています。   下の羽子板は […]

江戸時代のなつめ風の中に、ミニュチュアの貝合わせを入れて、贈り物にしました。

もうずいぶん前になりますが、この小箱を使った貝合わせのイメージだけ写真にて公開させていただきましたが、 そして、これに染色の清家文香さんが、シルクオーガンジーを赤に染めて、袋を作ってくれました。 これからこの袋を基にして […]

江戸のミニュチュアサイズの小箱に、ミニサイズの貝合わせを入れて見ました。

最近完成した「江戸の小箱」貝合わせセットです。縦横7cm余りの小箱には一面に蔦文様が蒔絵で描かれています。この小箱に江戸紐を付けて、華やかさを出してみました。 手にしたときの大きさが、こんな感じです。 小箱の中には3組の […]

工房の内と外。

3月に入って工房内を大掃除して、新しい棚を作ったり必要のないものを処分したりして、いくらか使いやすくなってきた工房内です。(わずか7畳ほどの広さですが、、、) この工房内では、ご覧のような油灯(昔の照明器具と思って下さい […]

江戸の小箱と貝合わせ

新しい小箱シリーズの貝合わせを出しました。 これは以前に私が手に入れて、身のまわりの小さいものをこの小箱に入れていたものですが、今回貝合わせを演出するための小箱として、ホームページに出すこととしました。 これは、中に入っ […]

萩焼き

今週は、昨年の唐津焼の「古唐津」に続き、日本の3大名陶の「萩焼」の中でも江戸期の「古萩」を見るために、山口県・萩市に行ってきました。 下のスケッチは、その時に会場の許しを得て描いた物ですが、やや大振りでどっしりとした中に […]

「謎解き江戸のススメ」に貝合わせ登場

昨日BS=TBSで放映された「謎解き江戸のススメ」にみかわ工房の貝合わせが紹介されました。番組は、江戸時代に習慣になった「潮干狩り」の中で、「ハマグリ」よく採れていたことと関連して、この貝を使った庶民の遊びから、  「貝 […]