みかわ工房のミニサイズの三人官女です。

新しい三人官女です。源氏シリーズのお雛様と組み合わせたり、屏風や雪洞などを周りにおいてあげると、一層ひな祭りらしくなってくると思います。官女たちが持っているヤカンや、柄杓などはすべて金箔仕上げにしております。 今年から、 […]

海外でひな祭り

私のお雛様は、もともとが大分県の由布院という観光地で、旅行に来られた方が「おみやげ」としてお買い上げいただいたことが始まりです。 由布院「玉の湯旅館」で展示していた頃。ここに展示させてもらう中で、様々なお雛様のバリエーシ […]

湯布院を下ってきました。

4月20日は、私のもう一つの趣味「カヌー」を湯布院にて楽しんできました。 と言っても、あいにくの雨。どうせ水で濡れるわけですが、標高の高い由布院だとちょっと寒いです。 1番手前が私の車で、お仲間13人余りでスタート地点の […]

玉の湯に行きました。

 久しぶりに子供達と由布院に行ってみました。「玉の湯」喫茶室にいると、大女将、現女将、薫平さんが、橋のふもとに出て来客者を待っている姿を間近に見ていて、宿の気構えを感じさせられました。庭の手入れも従業員が懸命に水打ちした […]

手のひらサイズのお雛様です。

私の手に載っているお雛様で、「諏訪ーすわ」と言います。 この雛人形は、随分前に由布院の「玉の湯旅館」という老舗の旅館に、私の雛人形を置いていた頃、玉の湯らしい物をと思って作り上げた雛人形シリーズで、5種類ほど作ったような […]

「花衣」はなごろも

「花衣」は、私が最初に作り始めた雛人形の一つで、民芸品 で男女1体にした人形を見て、これを自分なりに作ってみ たことがきっかけだったような気がします。 その雛人形を由布院、玉の湯旅館の女将に見せたら、「2つが くっついて […]

春の香り「若菜」

「若菜」は由布院の旅館「玉の湯」で私が最初に出した雛人形です。 20代の後半、私は大学を出てまだこれからの方向性が分からなくて、大学時代の先生の家に入りびたっていた頃、先生の奥様が「同窓会を湯布院でするから見に行こう」と […]

玉の湯の雛たち

2~3年前だったろうか、湯布院の「旅館玉の湯」のNさんからから電話があり、「婦人画報に九州のひな祭りが特集されるから、それに藤原さんの雛を載せていい。」 どうぞどうぞ、、で載ったのがこの写真だった。 この雛人形は、「若菜 […]

湯布院「玉の湯」に行きました

今日は湯布院の旅館「玉の湯」に行きました。 私たちは26年ほど前からこの玉の湯には大変お世話 になっていて、今もおひな様の季節になるとこのギャ ラリーに雛人形を置かせてもらっています。 始めた当初雛人形にどんな名前をつけ […]

立ち雛が出来ました。

ようやく春らしい季節を感じてか、写真の「立ち雛」が完成しました。 このところ庭に咲くロウバイの色も反映しているように思います。どこか一つの色が決まると、それに伴って次々と周りの関係する色もつながりとして出てきます。 この […]