白い下地の貝合わせに描いてみました

いつもなら貝合わせを作るに当たっては、ハマグリの内側に下地を塗ってその上から胡粉といって貝の粉を接着剤と混ぜて塗り、すべすべになった上から金箔仕上げをすることが多いのですが、今回はこの貝の粉の白地の上に直接線書きしてみる […]

白地の貝合わせ

10組の貝合わせのうちの5組の貝合わせが完成しました。これは白地の上に絵の具で直接手描き彩色したものです。下絵なしですから物語の配置に神経を使いました。 末摘花です。垣根越しに御簾の中で琴を引く女性を垣間見ています。 葵 […]

豪華な貝合わせのセットです。

この美しい貝合わせは、昨日より問い合わせのあった方の依頼で、セッティングしてみた貝合わせセットです。 10セット20枚の豪華なものです。 明治に作られた長持ちを開くと、袋の入った貝合わせが現れて、紐をほどいていくと中から […]

金地の貝合わせ

白地の貝合わせに対して、金地の貝合わせも進行しています。 白地の場合は、金箔をおく箇所が少なくて済みますが、金地となるとすべてが金箔で覆いますからそれなりに大変です。 この写真は、ハマグリの上に金箔をおいた段階です。この […]

小さい貝合わせです。

1週間ほどかけて下地を作った姫貝合わせ(幅1,5cm)は、白地の姫貝合わせと、金地の姫貝合わせの2種類に分けます。 今日は、白地の姫貝合わせの金箔仕上げです。白地の上下に雲形の形をした金地を作ります。 小さいから金箔を使 […]

春のかおり

これは、来年度の「紫式部日記」に使う貝合わせです。白地に仕上げた貝合わせに金箔を2日がかりで張りました。 このセットの貝合わせは、これまで草花を描いていましたが、今度は紫式部日記の物語を描いてみるつもりです。 金箔貼りを […]