湯布院玉の湯でみかわ工房の「立ち雛」を頂きました。これをお雛様セットにして下さい。

昨日東京の方から、 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 20年近く前に宿泊した玉の湯さんで、みかわ工房さんの立雛を頂き大切に保管していました。ずっと飾る余裕のない忙しい生活を送っておりましたが、やっと今年飾ることが出 […]

雑誌「和楽」に掲載した棗ひなが完成!

梅雨の合間をぬってようやく「和楽」の棗が完成しました。 ニュアンスとしては近いものだと思っています。この後このなつめの中に、立ち雛を袋に入れて、完成です。

雑誌「和楽」に掲載したなつめ雛と同じ物をご注文。

昨日から、大分は雨続きで犬の散歩にも苦労するほどの雨が降っています。 そこで、以前注文を受けていたなつめの制作にかかりました。電話を受けた妻の話では、雑誌「和楽」で紹介された絵柄がお気に入りとかで、これと全く同じに作って […]

雛人形工房の整理です。

新緑に包まれた、みかわ工房の倉庫と、制作スタジオです。(手前は羽子板や貝合わせ、箱などを入れている倉庫で、奥が雛人形を制作したり、布に手書きなどを行うスタジオです。   妻と手伝いの2人で、これまでに作ったお雛 […]

ケヤキのなつめ生地に、雛祭りの立ち雛を手描きで制作中です。

以前、掲載された雑誌社からの依頼を受けて、幾なつめを4個まとめて制作しています。雑誌に作品が載っている為に、形や模様が違ってはいけませんので、神経を使います。素材は「ケヤキ」で、絵と木地のながれを見ながら鉛筆から色彩へと […]

棗のふくさ

棗のふくさが出来ました。両面丹後ちりめんの地模様入りで、所々に金箔の花びらを置いています。 両面におなじ絹地を使用し、どっしりとしています。サイズは20×20cmです。 地模様には所々に「寿」の文字が織り込まれています。

「なつめ雛」でひな祭り

なつめ雛の「桜」と「松竹梅」の2つが完成しました。桜を依頼された方は、今後海外での生活が多くなると思うので、祖母様が選んで送ってくれるそうです。 確かに、この方は、なつめ雛にふくさを付けて、袋も注文されていますから、これ […]

大正期に作られた「鶴の蒔絵箪笥」のお雛様

今年は、雛人形「みかわ工房」で、1番人気は【小さき物の世界】のようで、これまでに作っていたセットのほとんどが、売れてしまいました。 と言っても、まだ、雛祭りまでは2週間程あり多くの問い合わせがあっているために、染色家の清 […]

なつめの衣装

  今回購入したなつめは9個 このなつめには、3種類の衣装をつける事にしました。 1つ目は、白地のバックに枝垂れ桜 2つ目は、白地に梅と藤、桜などを男雛と女雛に分けて 3つ目は、松と藤のオーソドックスな模様に […]

源氏物語羽子板と、コラボの雛祭り

今回、お持ちのお雛様に合わせて、みかわ工房の羽子板をご購入された方の、雛祭りの様子が届きました。以下は、写真とメールです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 先日無事に初節句のお祝いを済ませましたのでその時の写 […]