大正期のローズ色をしたひな箪笥と、ミニュチュアサイズの雛人形を組み合わせ。

雛人形はみかわ工房のミニュチュアサイズのお雛様を使い、雛道具は大正時代に作られたローズ色をした蒔絵ダンスを並べてみました。この3つを並べた幅が45cm、奥行き20,高さが13cmですから、マンションやアパート住まいの方で […]

雛祭りをテーマにした自作の書と、大正期の雛道具やミニサイズのお雛様を組み合わせました

東京の方から「近々にギャラリーで雛祭りをテーマにした書を展示するのに、その書に合うものを探している」と言うことで、電話でお話を聞かせてもらいました。お話によると展示するスペースが、90cm角のテーブルの上が与えられたスペ […]

超豪華な雛人形セットです。

この道具は、江戸時代に化粧箱として使っていた名品で、数年前に苦心して手に入れたものです。 この箱に組み合わせたのは、寛永雛をベースにしたお雛様で、薄いピンクの正絹に桜の花びらを染色の清家文香さんが手書きしました。 クリッ […]

小箱たちのシンフォニー

この小箱は、昭和の初期に作られた様で、小さいながらもとってもきれいな作りをした箪笥です。 これに続く文箱なども、さらに小さく美しい作りのものです。 こんなに小さいものに対して、実用品と同じような機能を持った箪笥が作られて […]

まさに、オーダーメイドのお雛様です。

今回の日本橋三越本店 本館5階で、直接皆様とお会いしたことで、お互いにお顔を知ったことから、お客様は、自分やお子様の為のお雛様を、1つ1つ吟味しながら、オプションの菱餅や、ミニ貝合わせなどを加えたりして、一人一人が、人と […]

赤いタンスのお雛様

このタンスは昭和の初期から中期にかけて作られた物でしたが、保存状態の関係か家具に描かれた絵の保存がよくなかったので、私が赤く塗り直して、桜の花を一面に手描き彩色しました。 この明るくなった家具に、花びらの色に合わせてピン […]

雛箪笥に雛人形を、

昨日作ってもらった箪笥に、内裏雛を組み合わせるためにもう一つの 部屋に持ってきました。途中庭で飼っているツキ(甲斐犬)が不思議 そうにみています。赤いちりめんが気になるのでしょうか。 台の上に置いてみると、黒い家具と赤い […]

明治期の家具と組み合わせました

先ほど、【雛・小さきものの世界】を話した後に布の工房に行ってみる ともうすでに布が完成していました。 黒塗りの京都製の雛道具の家具と、赤い丹後ちりめんがマッチしていませんか。 この布も清家文香さんが秋に染めていたものを、 […]