「みかわ工房」のトップ画面に行く、タグ

  • HOME
  • >
  • 紫式部日記
  • >
  • (桜に藤)

「紫式部日記」の布・桜に藤


染色作家の清家が、敷き布に使う絹を京都丹後の産地で選び、染めて、色つけ、金箔仕上げなどを、1枚1枚オリジナルで仕上げています。1枚目は、厚手の絹地に「ヒラヒラ」と雛段の上から桜と藤の花が舞い散るように描いています。(桜に藤)

厚めの正絹を染めて「さくらと藤」を手描き彩色しています

厚めの正絹を染めて「さくらと藤」を手描き彩色しています


染色家の清家文香さんが1枚1枚の布に丁寧に花びらを描いています。

染色家の清家文香さんが1枚1枚の布に丁寧に花びらを描いています。


正絹を薄いピンクに染めて、染色の清家文香が手描きで桜の花びらを手描き彩色しています。

正絹を薄いピンクに染めて、染色の清家文香が手描きで桜の花びらを手描き彩色しています。


厚い正絹に染色家の清家文香さんが手描き彩色しています。

厚い正絹に染色家の清家文香さんが手描き彩色しています。



みかわ工房の雛人形セット「紫式部日記」の内裏雛です。

「紫式部日記」の内裏雛の拡大写真です。


三人官女で、すべてを手作りし、道具は金箔仕上げにしています。

「紫式部日記」の三人官女の拡大写真です。


みかわ工房の雛人形セット「紫式部日記」の五人囃子です。

「紫式部日記」五人囃子の拡大写真です。



みかわ工房の雛人形セット「紫式部日記」の雛飾りで、貝合わせとこま犬です。

「紫式部日記」こま犬と貝合わせ2組4枚のセットです。


 

みかわ工房の「紫式部日記」購入タグ